米軍のトレーニングで腹筋は禁止?見直される体幹トレーニング。クランチとシットアップの違い

-shared-img-thumb-150404197804_TP_V

昨日ですが、求人の告知をしました。
何かありましたらよろしくお願いします。

~この矯正治療を後輩たちに伝えたい~ウナギ整骨院の求人募集のお知らせです。


先日こんな記事がありました。

腹筋運動は時代遅れ、米軍が体力測定から除外へ

要は我々が考えるいわゆる腹筋が実は意味が

https://www.youtube.com/watch?v=G0tjbBAG3XY
あんまりなくってかえって、背中を痛める危険性が

大きいので米軍は腹筋トレーニングを除外したとの話。
ここでいう『腹筋』とは『シットアップ』のことで

(上記URL参照)

腹筋でも僕は『クランチ』であれば問題はないと
思いますがどうなのでしょうね。

クランチはこれ。

じゃー院長あんたはどんな腹筋を?

僕は当院の動画にもアップしていますが
これをやっています。


これこそ痛めそうですけど、経験上この腹筋が
1番効きます。これで痛めたことはありません。

オススメは??

腹筋のこと話しておきながらあれなんですけど
1番いいのは『走る』ことだと思います。

脂肪も燃焼できるし体幹にも刺激が伝わる
こんな合理的なトレーニングはありません。

ランナーたちの腹筋はみなすごい鍛えられています。
暖かいこの時期からでも走りながら腹筋強化いいのではないかと

思います。


 

【おっと!もうひとつ】

サッカー少年への矯正治療がうまくいき始めています
目線が下がらず、後半もバテないと言っています。

矯正効果恐るべし。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!