ぎっくり腰の時のコルセットの使用期間を考える。『骨盤矯正』の時は?

『腰痛』治し方などは様々な対応があります。
通常の治療とは別に投薬であったり、テーピング

注射、またはオペなど治し方は様々です。
そこでもっとも身近である『コルセット』について

お話ししていきます。

アルケア サクロライト・DX 補助ベルト付腰部固定帯 17854 M

もっとも使い勝手がいいコルセット。
これが1番間違いないです。

安易に使うものではないですが

皆さんもご存知かと思いますが
コルセットは体幹の『筋肉を代用』するものです。

なので使用期間が長ければ長いほど
筋力は低下します。

よくお年寄りなどがそれほど腰が痛くないのに
コルセットをしている場面に遭遇することがありますが

それは完全にコルセットに依存している成れの果てです。
そこまでは極端ですが頼り始めると結構それに近くなることがあります。

期間を長くしない

なので痛くの消失とともに使用をやめます。
いきなり0にするのは難しいので

仕事中はする、終わったらとる、など時間を少しずつ短縮するのが
正攻法でしょう。いきなりとると不安定感が半端ないようです。

腰痛の時のコルセットほどありがたいものはありません。

筋肉は落ちます

痛くなくなってから筋力を強化し
自分の筋肉でコルセットができれば問題はありません。

そこが目指すべきところ。
(ここまでできればよほどでない限り再発はしないでしょう)

もしどうしてもと言うなら腹巻きでも

なかなか依存度が高く取れないと言う方もいるでしょう。
その方はさしあたって『腹巻き』で代用しても構いません。

どうしてもいきなりとるのが怖いと言う方がいますね。
腹巻きはお腹を冷やさない効果もあるのでそれはそれで必要なものでもありますし

骨盤矯正で使用するの?

骨盤矯正時はコルセットではなくて
『骨盤ベルト』を使用することがあります。

それはゴムでできた厚めのバンドなのですが
コルセットとは少し用途が違って

それはしてても筋力が落ちません。
矯正中は安定するまでずっとしている人もいるくらいですから

全く別物としてコルセットとは考えましょう。

期間限定で急性期は積極的に使いましょう

コルセットは嫌がる人もいますが
急性期ならば積極的に使うべきだと思います。

正直痛いことを我慢することの方がよほど毒なので
その辺は優先順位を考えて使用するようにしましょう。


【サークル情報】

当面の間中止させて頂きます。
でも今週末にはなんとか


【1日1新】

『像のハナコ』がいなくなってからの井の頭動物園
京王不動産吉祥寺店

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。