朝30分のウオーキングがもたらすものは何か?

夏は日中とても歩ける状態ではないので
朝のウオーキングしている方を多く見かけます。

本当にさまざまな年齢層の方がいます。
寒かろうと暑かろうと毎日歩く姿は

尊敬の念さえ抱きます。
そのウオーキングの効果を改めて

洗い出してみてみようと思います。

スント(SUUNTO) 腕時計 スパルタン スポーツ リストHR カッパー 10気圧防水 GPS 心拍/速度/距離/GPS高度計測 [日本正規品 メーカー保証2年] SS023310000


ガーミンと迷う

何を目的とするか

この1点に尽きると思うのですが
1人ではなく複数人でウオーキングしている団体の方たちは

どうも『おしゃべり』がメインの方たちが少なからず
います。その延長としてウオーキングがある、みたいな感じ。

元々そういう目的で朝早く起きてコミュニケーションを取ろう
というのだったらわかります。

(それだったら朝早くなくてもいい気が・・)

そうではなく運動する目的だったのに
いつにまにか人数が増えて、主旨が変ってしまった

なんてことにならないようにしたいものです。

筋肉はつかない

それとかなり誤解があるのですが
ウオーキングして筋肉はつきません

もし筋肉がつくと思ってやっていたならば
考えを改めましょう。

ウオーキングで筋肉がつくなら
もう少し世の中筋肉が多い人がいるだろうし

変形性の膝の痛みももっと少ない気がします。

自体重のトレーニングを混ぜてほしい

筋肉をつける、という観点からウオーキングを始めるなら
プラスして自体重を使ったトレーニングをやるべきだと思います。

具体的に言うと『腕立て伏せ』『スクワット』などです。
懸垂でもいいですね。

なのでウオーキングは体温を上げるための
アップと考えてメインは自体重のトレーニング

こう考えると合理的です。
それが可能だと思うのは

多くのウオーキングの方は最後に
6:30からラジオ体操をしたりしている人が

いますので、その時間をラジオ体操ではなく
自体重のトレーニングに変化させるといいのではないかと

思います。
ウオーキングはウオーキング程度と考えることが大事だと思います。


【1日1新】

特になし

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!