有酸素運動中心のダイエットは必ずリバウンドします

自分自身有酸素はやっています
(15~60分)

ダイエットをしていると
同じ状態で毎日計測するので

当然体重が減っていれば
心地よい。

だからついつい
有酸素多めにしてしまうことがあります。

あおれは単純に目方を
減らせるからに他なりません。

しかしこの有酸素
必要があるかどうか

と考えると
必ずしも必要はないように

思います。
その理由を

お話します。

あまりにも無目的な有酸素

ジムに行くととりあえず有酸素、という方が多くいます。
『とりあえず走っておくか』ということだと思いますが

完全に運動不足の方だと
ジムに行きまず有酸素をやると

だいたい疲れると思います。
筋トレをする前にそんなハンデは必要ないので

まず有酸素、という方も
最小限の時間(10分で十分)

にしてトレーニングに向った方がいいと
思います。

おうちのご近所から歩いてくるということ
ならばその歩行時やや厚着をして

ジムまで行けば
多少汗ばむと思うので

正直それで十分です。
着いてからまたやる必要はありません。

ウォームアップはカフェインの方がいい

それとウォームアップは
走ったり歩いたりして血流量を促すのと

同時にカフェインなどを摂取して
神経をある程度運動モードに

させることも大事だと
思います。

僕はどちらかというと
そちらを重視しています。

ALLMAX(オールマックス) カフェイン 200mg 100粒

感想(3件)

(夜のトレーニングをやる人はちょっと注意が必要です)

健康的なダイエットとは?

健康的なダイエットとは
ただ単に目方に注意することではなく
筋肉をつけて基礎代謝を上げていくことが

マストだと思います。
今の時分もそうなのですが

体重が減らないと
どうしても代償として有酸素の量を

増やして
自らを落ち着かせるということを

よく目にしますが
これは本末転倒ですし

有酸素後減るのは
ただ単に汗で水分が減っただけなので

すぐに元に戻ります。
(1時間くらいやると確実に500㌘くらいは落ちますけどね)

このループは
エンドレスになるので

危険な行為。
有酸素も中毒性があるので

同じように
筋トレもいくらウエイトや量を増やしても

ある一定程度以上は
関節などへのダメージが増えますので

逆効果。
まずは目方を気にしすぎるのを
辞めて

みてはいいと思います。
いたずらに運動強度を増やすのは

危険です。

隠し味的な考え

なので有酸素運動は
奥の手的な考え方

ときおり
やるような感じでいいと

思います。
極論をすればやらなくてもいい

と思います。
あなたが筋肉をつけようと

思っているなら
余計やらない方がいいと思います。

そのやらない時間効率のいいトレーニングは
いくらでもありますし

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!