ウエイトトレーニングは『時短』で。インターバルは全て1分、表裏の筋肉を効率よく鍛えよう

51f797da992804cfb85fb89f486b321c_s

筋トレはやっていますが正直時間をかけたくありません。
仕事の前にやっているせいもありますが

限られた時間制限の中でキビキビやっています。
これが夜だと無駄にインターバル(セットとセットの間の休息)

の時間を取ってしまい
結果的にダラダラ時間かけてしまいがちです。

筋トレにおける効率の良いやり方を考えてみました。

インターバルは全部1分

無駄なインターバルを取るとダレます。
ですからこの『1分』ルールは厳格に守ります。

逆に言うとこの1分ルールで個々のトレーニングが
きついようならそのトレーニングはまだ時期尚早ということです。

たまにジムについているテレビに見入ってしまい
ついついオーバーしちゃうこともありますけど・・。

トレーニング全体をサーキットトレーニングのように考える

全体の流れを少しペースを上げて軽いジョグのようなペースで
やることも意識しています。

これは朝でほとんで人がいないからできることなので
どのような状況でもできるというものではありません。

わかりやすく例えていうなら
カーブスさんのような方法です。

あれの負荷が重いバージョンとでも言いましょうか?

効率よく鍛えるならスーパーセット

スーパーセット法とは拮抗する筋肉の種目を組み合わせ
単独で行う通常のトレーニングより、筋トレの効果を上げることができます。

腹筋と背筋、上腕三頭筋と二頭筋などのやり方です。
ですから腹筋と背筋で1セットとなります。

腹筋をやっているときは背筋はリラックスしますので
回復が望めます。この力を利用します。

30分で終わらせるのが理想

このスーパーセットやサーキットトレーニングのような方法を
取ればだいたい30分で終わります。

別にベンチプレスだけだっていいわけだからもっと
時間は短縮することも可能ですが・・・

筋トレも時短で決めて生活の一部に組み込ませることが
できればいいですね。

 

 

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!