スジって筋肉なんでしょ?えっ!違うの??

開業したての頃に筋肉のこととかいろいろ
投稿していましたが

こういう基本的なことは繰り返し言うことが
大事なので大幅加筆修正して

また書いていきたいと思います。
基本構造は上図のようになりますが
実は筋肉と腱は同じもので

場所によって名称が違うということが
わかります。

しかし筋肉と腱は特徴に違いがあって
筋肉は伸縮性があり、血行に富んでいる

が腱のほうは伸縮性がなく、血行が粗である
という違いがあります。

だからアキレス腱断裂やアキレス腱炎は
治りづらい・・とも言えます。

なので日常遭遇する場面で
『スジを痛めました』

と来院する方がいますが
これは筋肉を痛めた。

ということになります。
スジは漢字で書くと『筋』と

なりますしね。

詳しく言うと『腱』を痛めた
ということになりますよね。

よく飲み屋さんなどで
『牛スジ』などを食べたりしますが

あの劇的においしい『牛すじ』は
腱ということになります。

そういうと何かまずく感じません?
(今夜食べようと考えている人すいません)

血行が悪く伸縮性の少ない【スジ=腱】
は痛めやすいです。

例えば腱鞘炎。
日頃遭遇して治療している人間から言わせてもらっても

この腱鞘炎は頑固です。
スジはなるべく痛めないようにしましょう。

次は靭帯についてお話していきたいと思います。


 

猫背・骨盤のズレ・肩こり・腰痛・マラソンでの痛みから
交通事故治療まで
整体・マッサージもしています。

神楽坂の健康を地下から支えるウナギ整骨院
www.unahone.net @unahone

ウナギの稚魚はいませんか?

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください