ストレッチをやるのは『運動後』に徹底した方がいい


骨も大事です。

『運動をする』ことは
筋肉の収縮運動の連携です。

逆にストレッチは
真反対の動き、筋肉を『弛緩』させることです。

わかりやすく言うと
マッサージに近い筋肉動作になります。

疲労物質である『乳酸』を除去したりする効果があります
この『ストレッチ』

運動前はやらないほうが賢明だと思います。
その理由をお話します。

ストレッチ 少ないリソースで思わぬ成果を出す方法

運動前に1番やるべきこと

『えー今までは普通にストレッチからやっていたんですけど』
という方は多いと思います。

大体の人はそうだと思います。
ちょっと考え方を変えましょう。

運動前に1ばんやらないといけないことは
まず『体温を上げ運動するカラダにすること』です。

まずストレッチからやってしまうと
ストレッチは筋肉を弛緩させるわけですから

どちらかというと
クールダウン、もう運動は終了という段階から始めたいです。

(ヨガなどストレッチ的な要素の強いものは例外です)

あらかじめ弛緩させてしまうとこれから収縮運動する際の
弊害になってしまいます。ケガのリスクも実は高まります。

その辺も少し浸透してきていると感じますが
ストレッチでない代わりに外競技であれば

『動体操』のようなもの
すこし心拍数を上げながら関節を拡げていくもの。

ストレッチではなくこういったウオーミングアップを心掛けてくさい。
では筋トレのような室内で少し狭い所の場合は

どうしたらいいのかということですが
それは各筋トレを負荷をかけないように回数を重ねて

体温を上げていくといいでしょう。
自体重でやる腹筋を回数をけっこうやったり

こんな感じでいいと思います。
筋肉から神経系から運動をするシグナルを与えることが

重要です。これさえできれば
スタートサインです。

ストレッチのタイミング

ではストレッチのタイミングなのですが
これは先ほども言いましたとおり
全ての運動終了後、ここに集約させた方がいいと思います。

このタイミングでやると
翌日の疲労や筋肉痛かなり軽減されると

思います。
最も効果的な時間と言えます。

お前はどうなんだ!

かく言う僕ですがからだは鬼のように『硬い』です。
全くストレッチをやっていませんから。

でも翌日の筋トレ後の疲労などは軽減できることを
知っていますので

なるべくやろうと思っています。
娘に硬いことを指摘されるのも嫌ですし。

悔しいですから。


【1日1新】

特になし

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!