わずか3週間でベンチプレスを120㌔まで持っていった4つの理由

ブログも継続しているとなんてことないですが
こうやって久しぶりに書くとなかなか書き出しなど

しんどい部分はありますが
やはり続けたいな、と思う気持ちが強くなり

再開しました。
メインウェブサイトには軽く書いていたので

継続してはいたのですが
こうやって本式で書くとなると

色々モチベーションも含めて違います。
多くない読者数ですが誰かには響くだろう

そう思って書きます。

さてまた筋トレの話ですが
今年1年かけて達成しようとした目標が

先日達成しました。
なぜそんなことができたか

こういう風にブログで振り返ると
いい感じなのでその達成の要因を

振り返ってみます。

◆2/21まで8,980円◆ 【送料無料】バーベル ダンベル 60kg 10kg 20kg 30kg 40kg 50kg ダンベル バーベルシャフト グリップ 滑り止め加工 重さ調節可能 筋トレ トレーニング 鉄アレイ ホームジム インクラインベンチ フラットベンチ ベンチプレス マルチジム

感想(4件)

週に2回のベンチ

ベンチプレス100㌔に到達するまで
なかなか時間かかっています。

トレーニング再開から
95㌔に行くまで10カ月

さらにそこから100㌔に行くまで
2カ月、5㌔上げるのにこれだけかかりました。

https://unahone.com/benchpress-100-2/
去年ちょっとブランクがあって

6月くらいから再開しましたが
その辺からは

筋トレ再スタート。ペンチプレスの重量を追うのはもうやめます
こんな心境。

ですがやっているうちに昔の感覚が戻り
すぐに100キロを持ち直しました。

そこから110㌔くらいまではいくのですが
たまに120㌔やってみると

『なんじゃこりゃー』
というくらい重くて

びくともしない。
そこからこのままのトレーニングでは

まず持ち上がらないと思い
色々と試しました。

その中で1番効果的だと思ったのは
週3のトレーニングを4回にすることでした。

先月の28日から
週に4回にしてそのプラス1回は

完全にベンチプレスのみの日
このようにしました。

これが大きく当たったと思います。
(ただ3週間でというのは驚きですが)

変化をつける

その週2回のベンチプレスも
おなじことをやるのではなく

1回はとにかく重量を追う日。
もう1回は少し重量を下げて

回数を追う日と
わけました。

筋肉は慣れると成長が鈍化します。
常に新しい刺激ということです。

全体を鍛える

100㌔に到達した時と違うのは
下半身も含めて全て鍛えているということです。

(この時は来る日も来る日もひたすらベンチだった)

これも到達の要因であると思います。
男性は特に下半身のトレーニングはやらない方が

多いですが
そこはしっかりとやっています。

腹筋をつけるのも
スクワットやデッドリフト

のほうが効果があるような気がします。

サプリメントの効果

それと違う点は
クレアチン、BCAA、HMB、と

アミノ酸のサプリメントを取っています。
それが効いているのかよくわかりませんが

BCAAはトレーニング中にバテにくく
なるので筋トレを初めて間もない方は

飲んでおいた方がいいように
思います。

もちろんプロテインは
必須です。

色々試すことが大事

3週間という短い期間で
ベンチプレス自己最高を記録したのは

以上のような要因が考えられます。
いつも思いますが筋トレは奥が深い。

これからも色々いい情報は
ここで紹介したいと思います。


【1日1新】

特になし

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。