いつのまにか達成できていたベンチプレス100㌔。ポイントはフォーム・タイミング・体重・メンタル。

イメージ 1
ラジオ出演の翌日は筋トレ日だったので
いつものように筋トレをしていたのですがここ何日かとても調子が良かったので

まー100㌔やってみるかと思ってやってみたら意外にも上げることができました。
なかなか高い壁であったベンチプレス100㌔でしたが

達成することができました。

ビーレジェンド -be LEGEND- 『ナチュラル』(ミルク風味)【1Kg】 【アミノ酸スコア100 ホエイプロテイン】

感想(2242件)

今年の1月の時点では

今年の初めはまだ75㌔くらいでしたが薄皮を剥ぐようにウエイトを上げていった結果だと
思います。1日おきはほとんど崩していません。

㌔数が上がらず停滞する時もけっこうありました。
でもつづければ必ず上がります、これは間違いないと思います。

ポイント①フォーム

今回上げることができた要因を自己分析していきます。
まずは『フォーム』だと思います。

高重量になっていくと背中を反ること、肩甲骨を引きつける
そして体幹と腕だけの問題ではなくなっていきます。

その総合力で上げていきます。
腕だけでやって手首を痛めてしまうと

㌔数を追うことが難しくなるのでけっこう気をつけて
やりました。

ポイント②タイミング

これは上げるタイミングの話ですがフォームが決まって瞬間の力の出し方になります。
なんだろう言葉にするのが難しいですが

タイミングが合わないと案外上がりません。
呼吸とかも関係するのだと思います。

ポイント③体重

これがもっともカンタンに上げられるようになる要素ですが
筋トレしながらどんどん体重を増やすと

案外どんどんいけます。
筋量もそれに伴ってついてくるということなのでしょうけど

僕はこの方法にはのらずあくまでもシルエットを崩さず体重を減らしながら
という手段をとりました。今日現在の体重も72㌔台なので

体重は筋トレで全く増やしていません。

ポイント④メンタル

今日はなんとなく上がりそうだなとか、のっているな、とかそういう時は意外に
うまくいきます。テンションが上がり目ならぜひやりましょう。

筋トレをし始めたら気分が良くなると言い聞かせて
メンタルバランスを整える方に持っていくことも大事だと思います。

大台の100㌔の先に見えるものとは?

筋トレ人口の中でも100㌔は全体の1%程度と言われています。
誰しもがたどりつくところではありません。

しかし一方ではただの自己満足だと言うことも忘れてはいけないと思います。
100㌔持ち上がったところで正直何も変わりませんし

スカウターで戦闘力を計ってもスカウターが壊れるようなことにもなりません。
でも個人的に目標にしていた数値です。気分がいいことには間違いありません。

次はちゃんと持ち上がるかな〜


【おっと!もうひとつ】

昨日はまたある決断をしました。
あんなとこ普通ママチャリで行かないだろってとこでの決断です。

【今日の体重】

72.3

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。