あーつまんないなーと思った野球部引退後の夏。『現状維持は衰退の始まり』原点はここにあるかもしれない

20年前の8月に僕は高校野球生活を終えました。
(古いわ)

ちょうど今の時期は引退して燃え尽き
フラフラした状態で過ごしていたのを思い出します。

僕の治療家としてのキャリアも今20年。
この高3の夏が全ての原点に思います。

常に目標があった

高校野球をやっていることは『勝つ』ことにストイックであり
それだけに一喜一憂していました。

残酷なもので高校野球は次第に終わるものではなくて
負けたら急に終わります。

その喪失感たるや、ひどいものです。
しばらくは後輩のお手伝いや甲子園大会はみるものの

やはり目標がないといいまいち張り合いがありません。
次第にグランドから離れていきます。

その後は当時発売していたファイナルファンタジーをやったり
今考えるとありえないことをしていました。

この黒歴史的な時期は治療家になろうと(当時はトレーナーになりたいと言っていましたが)
決めるまでなんとなく生活は続きます。

日々のつまらなさはとても感じていました。
そこではじけて遊んでしまうのもよくあるパターンだと思いますが

どうも僕に大事なのは『目標』であって
『遊び』ではありませんでした。

その辺からですが僕はどうも目標が常にないとダメなようです。
考えてみると20年前から今日そしてこれからも負荷をかけ続けているような

気がします。

そこからずーっとぶれずに同じ仕事をしているわけで・・

『治療家』になることに目標が決まり
そこからブレずに20年やってきたわけですが

(長いみちのりです)

修業期間が長いことを自慢したいわけではありません。
むしろ、反面教師スタッフたちにはそのデメリットを話します。

経験者は語る、です。

目標がその日その日を支配する

どうも野球人の格言が多いのですが
横浜高校元監督の渡辺元智さんの言葉です

(正確には黒土四郎さんの人生教訓ですが)

目標がその日その日を支配する
とてもいい言葉ですね。

僕にぴったりの言葉です。
長期的な目標はもちろんのこと、月間目標、今日1日の目標

なにか目標づけることを癖にしたほうがいい
気がします。

1本筋の通った目標があれば
天気が悪い、調子が悪い、・・・そんなことでブレることはありません。

生き方に違いはありますが・・

僕の中での戒めでもあるのですが
目標を決めること、そして絶対に現状に満足をしないこと

とても大事にしていることです。
あくまでも個人的な考えなのでこれを他人に強要することはありません。

現状維持が僕の中で1番の敵です。
『まーこんなものかな』とおもったときに

一気に衰退が始まる気がして
とても怖いです、実際はどうかわかりませんが

現状維持は慢心につながるんですよね、あと過信とか。
慢心や過信はろくなことがありません。

目下のところ目標は?

僕の目標の推移ですが

治療家になる→開業する→ウナギグループを作る→グループを反映させる←今ここ
ですが、さらに負荷をかけ続けたいと思います。

また近々あっと驚く報告をしたいと思います。
お楽しみに~!


【1日1新】

極秘スーパー出店情報

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!