上腕二頭筋が切れる?繰り返される肩の負担で筋肉が断裂してしまうことがあります、要注意です。

c14ddc073b876475a6bcdb4cfbc4cfc5_s

肩のお話も今回で3回目

病院で肩の骨にトゲトゲがあると言われました。大好きな野球はできるようになるのでしょうか?

田中将大投手が手術。アマチュアでも広がる『投球障害』一歩進んで理解を深めることが予防にもなります

今日は力こぶの筋肉のお話です。

上腕二頭筋腱損傷

この症状は今回は野球の肩の障害として
お話していますが

以外と普段の生活のなかでも
起こりえます。

案外多いものかもしれません。

ちきりん『マーケット感覚を身につけよう』私なんかスキルもないし、学歴もないし・・と思う方は必読です

どこにあるの?

ご存知の方もいらっしゃると思いますが
『力こぶ』の筋肉のことです。

ダウンロード

ここにあります。
ザブンクルという芸人が持ちネタでかつてやっていましたね。

鬼怒川がやばい!栃木県に大雨特別警報。川から近い僕の実家、水の恐怖とは?

野球の投球時いつ痛くなるか?

この筋肉は加速して来た腕の振りを減速させる役割があるため
(ボールリリース・フォロースルー期)

筋肉に牽引張力がかかり
腱の付着部で切れたり、上腕骨頭の溝(結節間溝)ですり切れて

断裂することもあります。
結節間溝というところは骨と骨の間に

筋肉が通っていますので
摩擦力が働きます。

神楽坂でうっかりして転んでケガをしまった、そういう時はまずウナギ整骨院で対応します。

肩の症状で困っている方は・・・

今回は野球で起こりえる肩の疾患ということで
お話していますが次のようなことを気をつけて頂きたいです。

  • 原因を納得のいくまで説明をうけること
  • 半年以上おこなって全く効果のない場合は違う選択肢を考えること
  • 早期診断、早期社会復帰をめざした治療を受けること
  • 肩の手術はかなり充実しているので最後の手段として考えること

説明をうけるなど当たり前ですが保存療法には
限界がありますので最終的には手術のほうがいいということもあります。

なかにはスポーツ選手などは早期復帰をしないと出場機会に関係して
くるのでさっさと手術してしまう場合も多いようです。

それぞれのシーンにあった納得のいく治療を受けて下さい。


 

【おっと!もうひとつ】

今日僕はお休みです。
しかしいろいろやることがあり

目まぐるしい1日になりそうです。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!