最低ラインの努力量から始める

少し体重を絞り始めます。
そこで僕のいつものパターンは

最大の努力量をいきなり課して
『中だるみ』

こんな風になって続かないことが
あります。

有酸素は特にその傾向が強いように
思います。

リーベックス 簡単デジタルタイマー グレー PT70DG 関東当日便

感想(33件)

なのでそこは逆手にとって
最低限の努力量でどれだけ痩せられるか

挑戦してみます。
この場合、あまり成果が出ない場合

量を増やすなどの改善が出来ます。
いきなり張り切ってだと

その改善が量で調整できません。
おそらくこのくらいの量であれば

自然と体重(具体的には脂肪量は減らす)
は減るとの予想ができます。

さあどうなるか楽しみですが
筋トレの最後に有酸素入れるのは

なかなかきついです

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。