クロスバイクがドロップハンドルにどうしても追いつけない3つの理由

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

自転車通勤をはじめて1か月以上たちます。
暖かくなって数が多くなっている気がしますがよくドロップハンドル

方と並走します。別に競っているわけではないのでいいのですが
どうしてこうも早いのだろうと思い理由を考えてみました。
(ちなみに僕はクロスバイクです)

1 前傾姿勢をとるため、スピードに乗りやすい?

クロスバイクですと若干立った感じになりますがドロップハンドル
だと完全に前傾姿勢なので体重もかけやすくスピードに
のりやすい?

2 靴とペダルがロックする
(ロード用ビンディングペダルと言うらしい)

これは乗っている人から聞いた話なので確かな情報だと思います。
特に踏み込むときよりも後ろから前に行くときが違うらしい。

3 車体の軽量化

僕の自転車も軽い方ですがさらに増してドロップハンドルは
軽いですね。車体が軽いのはたしかにスピードが出る要因だと

思います。なので段差とかママチャリのような感じで運転すると
壊れるようですね。

 

かといって早急に買うわけにはいかないのであまり気にせずに
安全運転したいと思います。

—————————————————————————
猫背・骨盤のズレ・肩こり・腰痛・マラソンでの痛みから
交通事故治療まで
整体・マッサージもしています。

神楽坂の健康を地下から支えるウナギ整骨院
www.unahone.net @unahone

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。