運動を長く続けることコツは〇〇〇しすぎないほうがいい

いやー気持ちいい陽気です。
こんな時期から運動を始めるのもおすすめです。

もうずーっと続けている人は
耐え忍んでこのいい時期に巡り合い

モチベーションも少し上がっていることでしょう。
結果続けることができないと効果が実感できない運動。

顔を洗うように歯を磨くように欠かさない様に
するにはどうしたらいいのでしょうか?

意外に馬鹿にできない週1の運動

これまで介護予防の体操で月に2度ほど指導
していました。最初はこんな量で効果がでるのか疑問は疑問でしたが

この9月の後半、参加者の方たちのまじめな受講も功を奏していますが
人間は適切な運動であれば月2回でも効果がでることがわかりました。

効果の期限など決めなければいいのです。
月2回だと効果が出るのは時間がかかりますが運動の離脱率は

究極に下がります。
どんな量、頻度でも続けられなければ全く意味がありません。

毎回完璧にこなそうと思わないゆるさ

決められた分量などがあると
(例えば10キロ走るなど)

走りたくないことも人間なのであります。
そういう時は走れなかった自分を攻めるのではなく

『まーこういう日もある』程度に思っておいた方がいいでしょう。
全く走らないまでも500メートルでも2キロでもいいから

走る姿勢を見せることが大事です。
完璧にやろうとすると必ずいつか息切れします。

そうすると2度と戻ってこれないことも多く
本末転倒です。

僕だって最近は毎日毎日自転車では来ません。
(きもちいい季節なんですが・・)

とりあえず外に出てみるのも1つの手

こんないい陽気です。1つ外に出てみるのもいいのではないかと
思います。そして、今日からプレオープンの『四谷3丁目ウナギ整骨院』に

散歩がてら行ってみるのもいいかもしれません(笑)


【1日1新】

いわき 柏屋
豊島産婦人科
Trie

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!