年齢を理由に断念するならそれはただの言い訳

92歳の祖母がいるのですが

90歳の祖母が骨折→入院→手術。リハビリで再起できるのか?


股関節を骨折して人工骨頭が入っていることを忘れてしまうくらい
今はさらに元気に見えます(本人は衰えを感じているらしいですが・・)

先日実家に行ったところ

『ピアノを始めた』と聞きました
どういういきさつかまでは

聞きませんでしたが
(ちなみに祖母は特に持病もなくフィジカル的な水準も相当若い)

トンカチで頭を打たれたような衝撃でした。
人間は歳が行けば行くほど丸くなり保守的になり

場合によっては『老害』になります(笑)
要は体もほどほどに壊れていくので

新しいものだったり、これまでに経験したことでないものに
遭遇すると拒否反応がでたりするんだと思います(想像ですが)

かいつまんでいくと
億劫になる

んだと思いますが
おそらくそんな中での極地である90代ですが

それ相応の老いや体の不具合を
どうにかしたいと思ったのでしょう。

そう思ったら大抵は医療機関に行くんでしょうけど
それを『ピアノ』ということに

見出したことがすごい。
大抵年齢が行くと

ほぼみんな年齢のせいにして
終了になるのですが

身内にそういうスーパー婆ちゃんがいる以上
僕も襟を正して常に挑戦!の姿勢は絶対に崩さないようにします。

年齢は言い訳の理由になりません

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!