『アイシング』に対する大きな誤解。それじゃ―効果ないよ


業務用というか、凍らせても固まらないアイスパック。これが理想

強い痛みや、運動後のフォローの後で
用いられる『アイシング』

一般の患者さんに確認すると
やってくれているんですが

ちょっと間違っていることが多いので
その辺のお話をします。

布をかませると意味がなくなる

多くの人はお惣菜などを冷やす保冷剤を使っていただくことが
多いようですが、それにタオルなどを巻いて患部を冷やしている方が多いのですが

これだとアイシングをいくらしても幹部の炎症が和らがないと思っていいと思います。
正しいやり方としては、そういった保冷剤などを患部に直接くくりつけてもらうことが

大事です。時間としても『感覚がなくなるくらいまで』というのがポイントなので
せいぜい5分くらいが限界だと思います。

あまりにもタオルを巻いて冷やしている人が多いので
訂正させて頂きます。

個人的にはアイシングは好きなので
膝の変型など年齢的な問題を基礎疾患としてお持ちの方は

毎日やってもいいと思います。
湿布よりも効果はあるんじゃないかなと思います。

そのあと1時間おいてからお風呂でゆっくり温まる
なおいいです。

高い買い物ではない固まらないアイスパック

アイスパック自体も固まらないものはそんな値段はしないと
思うので冷凍庫に1つ入れておいた方がいいと思います。

高熱が出た時の水枕代わりにもなりますし。

こんなもんです

サウナ&水風呂でも効果あり?

なのでその理論から考えると
サウナ&水風呂は効果ありだと考えます。

副交感優位になりますので
炎症を止める以外でも絶大な効果が期待できます。

ギックリ腰などアイシングは初期の対処として
最適です。なので正しいやり方を実践しましょう。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。