みんないい意味でも悪い意味でも『ふわっと』したイメージを持っている。『夏休みあるの?』

『イメージ』というのは大事だな
と思います。

それはいい意味でも悪い意味でもです。

新聞記者


あれ、こんなこと実際なかったっけ?と真実と虚構をうまく混ぜているところに面白みを感じた。

『夏休みあるの?』と聞かれた

夏休みのことを先日聞かれて
答えたら(17~22日

『えっ?夏休みあるの??』
とわりと真面目にびっくりしていたことに驚きました。

たしかにそう聞かれるのもわからないでもなくて
過去には『年中無休診療』を1年半ほどしていたし

診療時間を延長や年中無休にすることのデメリット、そして引き際

コロナ 禍でスタッフ余らせてるから『年中無休』にしよう!の罠

僕もかなりがむしゃらに働くのを『是』としてた時期もありました。
それがおそらく院のイメージとしてストレートなものなのでしょう。

色々やってきて思うのは
確かに休み返上でやれば仕入れもないわが業界はマイナスにはなりませんし

売上は立ちます。
しかし『ライフワークバランス』を考えた時に

新たな発想、患者さんとのトークの質の向上、自己投資
精神的・体力的休息は得ることができません。

完全にコロナ禍で考えに変化が
起こったのも確かです。

整骨院のイメージ、僕のイメージ、治療家のイメージ

それぞれのイメージがあると思います。
僕自身は健康的なイメージこれがあると思いますが

これは完全に『素』でやっていますので作られたものではありません。
人を健康にするのに自分が健康でないと人は健康に出来ない

そのように思っているのでそれは
嘘偽りはありません。

イメージを忠実に守る必要はない

イメージは変化させていいものだと思います。
ブランドのイメージに固執しない方がいいと思います。

時間の経過とともに醸成されるものでより
イメージは固まりますが

こういう時代だからこそ
常に変化は絶対に必要です。

同じ仕事を長くやっているぼくだからこそ
強くそのように思います。

常に新しい境地へ

全くゼロベースで考えると
新しい境地とは全く何かわかりませんが

そういったものは仕事中には思い浮かばないことが
多いことからもやはりしっかり休みを取って

取ることが結局は本業のクオリティも
上がることだと思っています。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!