セミナー、読書、体験、インプットはそれだけではない。子育てから得られる貴重な経験

先日一升餅ならぬ一升パンを終えた人。
(一升パンはPOMPADOURで予約できます)


仕事がない日。
最ものんびりして、心休まる日であることだと思います。

子育てというと何もやっていない僕が言うのもなんですが
休みの日はできるだけ子供たちとの時間を作ります。

そんなわけで定休の金曜日は家族との時間になります
(家族サービスという言葉は嫌いなので使いません)

そんな昨日の1日
めちゃくちゃタスク多き1日でしたが

それはそれで大事な1日です。

起床時間は4:30

僕の起床時間は休みとか仕事とかに関わらず4:30です。
もう少し早く寝れればもう少し早く起きたいのが本音ですが

これ以上になると健康状態に影響を及ぼすので
このくらいにしています。

(十分寝不足とよく指摘されますが)

まずは筋トレ

まず朝起きてやることは『筋トレ』です。
家からジムまで自転車で15分。それがアップになり

ジムにつく頃にはいいテンションに。
そこで40分ほど筋肉に刺激を与えます。

ここで考え事、今日やることなどを頭の中でまとめます。
筋肉を鍛えることも重要ですが、頭の中で思考を巡らせることも重要です。

このブログもその類になるかな?

帰ってきてからブログ執筆

ここからがチャージがかかります。
まずは帰ってきてまだ家族は寝ているのでここでブログです。

ここで執筆を逃すと1日の更新が怪しくなるので勝負どころです。
家族が起きないようにそろりそろりとやります。

家族がいるブロガーはみなさん同じような経験をしていると思います(笑)
昨日はうまく書くことができました。

夏場の特徴的なあの症状はどう乗り切るのか?

時間の制約があったほうがよくかけている気がします。
これも『負荷』なのでしょう。

車をディーラーへ

その後ゆっくり朝ご飯を食べる間もなく車の修理があったのでディーラーへ。
台車が支給されたのですが運転の感じは古くてもいいですね。

息子のベビースイミングへ

その後間髪入れず、息子のベビースイミングへ行きました。
せっかくなので妻でなく僕が入れました。

最後までずーっとメソメソしているところを見ると
我ながら僕に似ています(笑)

泳ぐまでもなく入っていたわけですが
水の中はかなり疲れます。

終わった時に界王拳を10倍使ったくらいの疲労感がありました。
(界王拳使ったことあるのか?)

ミーティングで神楽坂へ

そのあとミーティングで神楽坂に行きました。
夏の昼下がりの電車は空いているし、風情があります。

電車を乗り継いでいきました。
これで神楽坂へ8日連続で行くことになります。

どんだけ神楽坂が好きなのでしょう。

しっかりお昼の時間も取れないのでこの日2回目のセブンへ

なかなかこの後もゆっくり時間が取れないのでこの日2回目のセブンに行きました。
年間600回というのはたぶん嘘ではない数字だと思います

娘の新体操へ

帰ってきてから夕方は娘が新体操を習っているので
それの引率です。下の息子がいるのでわずか1時間くらいの間ですが

とても長く感じます。
娘のやっている姿はあまりみられません。

男の子は奇声を発したり、乱暴な動きをしたりと何かと手を焼きます。
僕も相当ひどかったようなので何も言えませんが・・・

エルゴにいれておくので腰は痛くなるし
骨盤は歪みます。しかしそこはこういう風に痛くなるのかなど

自分を実験の対象にして糧にします。
これこそ素晴らしいインプットです。

全て終了して思ったこと

その後出かけていた妻を迎えに行って1日を終えます。
この1日は妻の1日を代行したようなものですが

その苦労が手に取るようにわかります。
育児ノイローゼということもありますが

この暑さの中子育て本当に大変だと思います。
母ちゃんは偉大です。

僕もいろいろといいインプットになったし
こうやってブログの記事が1つ書けます。


【1日1新】

自転車3人乗り

 

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。