強い腰痛があるときに『痛み止め』は積極的に使うべきなのか?

さて週末どこ行こうかな
なんて時朝起きたら腰が痛すぎて

動けない、なんてことはありませんか?
もちろん医療機関に行かないとだけども

とりあえず『痛み止め』ということで
服用することはないですか?

そんななにげなしにのんでいる
『痛み止め』積極的に飲んでいいものか

お話していきます。

痛みを我慢するのが最も毒

痛み止めは癖になるし、なんて声をよく聞きます
しかし毎日毎日飲んで数年間みたいなことをしない限り

癖になどなりません
なので強い痛みの時は(強くなくても)

積極的に服用すべきです。
薬はなるべく飲みたくない

と頑なな方はいますが
こちらの痛み止めはずっと飲むものではないですし

痛みを我慢した方がよほど毒です。

治療は痛みがある程度おさまってから

この強い痛みが背骨の形状に問題があって(いわゆる歪み)
痛みを出している場合では

まず痛みが取れないと矯正で骨も入っていかないので
疼痛緩和を最優先しますが

整骨院の場合は
痛み止めの処方が出来ませんので

ハイボルト』で痛みをなるべく1回でとります
そういった意味では『痛み止め』に匹敵するインパクトは十分にありますね。

ロキソニンかボルタレンか

ざっくり言うと

  • 即効性があり効果が短時間なのが『ロキソニン
  • ジワジワ効いて効果が長持ちなのが『ボルタレン

このように考えてもらえればと思います。
ロキソニンは短時間と言っても半日くらいは持ちますけどね。

【第1類医薬品】ロキソニンSプレミアム 24錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

【第2類医薬品】ボルタレンEXテープ 21枚 ※セルフメディケーション税制対象商品

ボルタレンは処方がないとダメですね

痛み止めを飲んでも変わらない症状それは

痛み止めが効かない症状があります
それは『しびれ』これは痛み止めはほぼ無効です。

逆に痺れに効く薬というのを
みたことがないのですがなにかあるのでしょうか?

最近だと『リリカ』が効いているイメージがありますね。

まとめ

痛みが強いとパニックにもなりますので
まずは痛み止め飲んだ方がいいです。

ロキソニンは普通の薬局でも売っていますので
まずは飲んでみてください。

それとどうしても外せない中
痛み止めを飲んで動くということをすると

薬が切れた時にかなり反動で
痛くなるのでそこはちょっと頭に入れておきましょう。

もちろんの別飲んでいればその痛みも出ないのですが
胃が荒れてきたりするので

注意が必要です。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!