うつぶせが長い時間になると苦しくなります。うつぶせでないと治療はできないのですか?

当院での治療は基本ベッドでの診察~治療となります。
なのでだいたいうつぶせになる必要があります。

(もちろんうつぶせにしなくてもいい場合もある)

そんなとき中にはうつ伏せが圧迫されて
苦しいという方もいらっしゃいます。

必ずしもうつぶせにならないと治療できないのでしょうか?

うつぶせでなくてもOKです

腰が痛い場合必ずしもうつぶせになる必要はありません。
横向きだっていいし

(ひどいギックリ腰はうつぶせはきついと思います)

座ってだって治療はできます。
どういう状況でも治療はできます。

歩けない方は往診しますし・・。
こんな場合だってかつてありました。

人工肛門と腰痛

ペースメーカーが入っているんですけど治療できますか?

うつぶせの件はかつても書いていました。

腰が痛いのですが、内蔵を全摘し(胃・食道など)うつ伏せになれません。治療はできますか?

健康な人とは縁がないところなので

健康な人は当院へアクセスすることはありません。
なので本当に基本的なことを繰り返し繰り返し話しています。

それで整骨院への理解がちょっとでも進めば
嬉しい限りです。


【1日1新】

特になし


【求人情報】

尊敬するフレンチシェフ田辺猛さんが経営する『L’Atlas(ラトラス)
偶然にも四谷3丁目に3店舗目をオープンします。

そこで現在そちらの店舗でサービスマンを社員雇用で募集中とのこと(男女問いません)
どんなことでも構いません、ご興味ありましたら僕の方まで連絡をお待ちしております。

【求人情報2】
ちなみに当院も業務拡大につき
スタッフを絶賛募集中です。

雇用条件などはこちらですので
合わせてよろしくお願いします

 

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!