【整骨院も他人事ではない】大きなダメージをもたらす『緊急事態宣言』やっぱり延長なの?

世の中飲食店が取り沙汰されていますが
この『緊急事態宣言』は

あらゆる接客業に影響があると
おもうんですよ。

その緊急事態宣言
延長か?という報道がなされています。

都など延長不可避、緊急事態宣言 1都3県は休業要請視野
https://www.nikkei.com/article/DGXZQODG296XP0Z20C21A1000000/

これ一応、飲食店に絞ったという体ですが
実は緊急事態宣言と言ってしまうと

全体の行動は抑制されてしまうんですよね
見事に。

もう去年の4月の経験がある意味生きているので
何もおたおたしませんが

どうなんでしょうかね。

整骨院の経営から考える5月6日以降の自粛延長、解除の行く末

今回も前回と同じで
新規の患者さんが激減しています。

去年は1ヶ月経った時点で
『我慢できません』とまた戻ってきた

という経緯がありましたが
今回は戻るも何も1年経過して

こういう状態を徐々に受け入れて
ひいては『生活様式』の一部になっていて

(それは非常にまずい状態)

『こんなもんでしょ』という
状況になりつつあります。

テレワークになって体重が増えるのも
『また解除されたらもどるでしょう?』

という方が非常に多い。
こういう状況が日常になりつつある

危険性を感じます。
1年やそこらで急激な生活習慣の

変化が到底馴染むとは思いませんが
緊急事態宣言の延長は

なかなかの心を折る作用があります。
それでも突き抜けないといけませんが・・

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!