これから柔道整復師になろうとするあなたへ。学費を格安にする方法は知っていますか?


せっかく柔道整復師になろうと思っても
学費の免で断念している人は多く見受けられます。

資格なんかいらないじゃないか!という意見もあるし
実際のところ無資格で活躍されている先生もいます。

(患者さんにとっては治ってしまえば資格というのは関係ないという話もありますが)

僕はライセンスで仕事をしている以上
資格は取らないといけないと思っていますし

そこは否定することはありません。
しかしせっかく志があるのにとってももったいないと思いますが

この学費の問題、ある制度を利用すると
格安に学費をすることができます。

その方法を紹介します。

専門実践教育訓練給付金

という国が学費を免除してくれる制度があり
2年間雇用保険に加入している実績が必要になります。

(すぐに給付というわけにはいきません)

ですからバイトなどの短期的な
仕事では難しいということになります。

社員になる必要があります。

具体的な数字

実際この制度の概要を伺ったのは
先日訪問した新宿柔整鍼灸歯科衛生士専門学校でのことでした

その後具体的な学費のシュミレーションも頂いたので
転載します。

144万円の学費に関しまして、

○弊校のHP上では、以下のように掲載しております。
http://www.ssjs.ac.jp/admission/other/shinkyu-jusei/benefit-10342-73020/

○また詳細に関しまして、厚労省のホームページを添付させていただきます。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000077164.html

弊校の学費減免の流れといたしましては

弊校学費
一年次:入学金20万円+授業料120万円(前期4月60万円-16万円+後期10月60万円-16万円)=108万円

二年次:授業料120万円(前期4月60万円-16万円+後期10月60万円-16万円)=88万円

三年次:授業料120万円(前期4月60万円-16万円+後期10月60万円-16万円)=88万円

卒業時:48万円給付

トータル:236万円

※赤字は専門実践教育課程給付金144万円のうちわけです。
※諸費用は含まれておりません

ということで新宿柔整さんですと380万円ほどかかる学費が
このくらいの値段で済んでしまいます。

毎月の返済が初年度が9万円、2、3年次以降は7万円程度
これさえしのげば、免許取得後に48万円帰ってくるという

素晴らしい制度。
2年間のアイドリング期間はあるものの

その間にしっかり技術を身につければ
卒業後は分院長レベルになっていると思います。

※すでに教育訓練支援給付金を受給している人は受給できません。受給年齢が45歳を超えている場合受給できません。
専門学校によっては受給対象校ではないこともありますのでぜひ1度ご確認お願い致します。


【1日1新】
swing by coffee


【求人情報】

業務拡大につき
スタッフを絶賛募集中です。

技術職にありがちな修行と称しての長い拘束は一切排しています。
当グループの分院長は3カ月でその地位を築いたものもいます。

要は技術は長い修行年限ではありません。
実力のある者はどんどん出店していく意向です。

雇用条件などはこちらですので
合わせてよろしくお願いします

雇用保険も加入しておりますのでこれからこの業界の専門学校へ入学を考えている方は
専門実践教育訓練給付金を受給することは可能です(2年間当院で社員として働く必要あり)

それと少しでもこの業界でやっていきたいという方はご相談を。
メール(info@unahone.net)でもOK、必ずお返事いたします。

当院の見学も随時受け付けています。
常勤の受付スタッフも募集しています

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!