『よし、やるぞ!』決めてから動き出した人は勝ち

柔道整復師専門学校へ通う方々は
もう6月だし

おおよそのペースはつかめているのではないでしょうか?
まわりもみえてきていることと

思います。
どうも最近の専門学校の傾向は

在学中に研修生として
整骨院で働くことを推奨していないようで

しっかり3年間勉学に励んだのち

就職、ということが多いようで
実際臨床の現場に出るのも

資格取ってからということになります。
9割方そのような感じの様です。

(学校によっても差はあると思いますが)

そんな中でも
在学中に整骨院で働きたいという子は

少ないですが
いるようで、意識の高さがうかがえます。

もちろん治療は出来ないし
その場の空気にリアルに触れるということしか

でませんが
それがとても重要!

在学中に整骨院で研修できているのと
3年後に臨床の場にでるのとを考えると

治療家としての力の差は
はっきりでてしまいます。

これは僕自身もそうで
(僕らの時代はみんな整骨院に行ってましたけどね)

仮に早くから開業を目標にやるという学生さんは
時間的な制約もかなりあるのですが

できるだけ臨床の場には出た方がいいでしょう。
(当院も見学は随時受け付けています、気に入って頂ければ面接という流れ)

というわけで
自分の意志で周りはほとんどしていないという状況の

中でわざわざ整骨院に働きに来ている学生さんは
もうその時点で勝ったも同然。

そういう行動ができる人は
絶対に伸びます。間違いない。

今の若い子はいろいろ言われていますが
まったくそんなことはないようです。

少なくても僕の印象はそうです。
若い人、どんどん台頭して来ないかなー

そんな風に思います。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。