固定・美容・矯正・補強・・・『テーピング』さまざまな場面で使えます。当てはまるものはあるかな?

23テーピング

この時期は陽気がいいので活動量が増えます。
そうすると怪我や痛みに遭遇する確率も上がります。

そう『テーピング』の出番が多くやってきます。
テーピングはさまざまな場面で応用が効きますし

自分で巻くことは難しいですが
僕も大好きな治療法の1つです。

ざっくりとどんな場合に用いるか
お話していきます。

関節を安静に保つための固定

捻挫など怪我をした時に用います。
1番知れ渡っている利用法ですね。

youtubeでも上げています。

 

筋肉を補強する意味での固定

こちらは伸縮性のあるテープを使用して
固定をします。固定といってもガチガチものではなく

ある程度可動域を保たせて固定します。
母指の腱鞘炎・CM関節の安定・・・

ぎっくり腰の時ももちろん使います。

美容への応用

主に『O脚・X脚への応用』『浮腫をとるテーピング』と
やっています。

こちらは関心が高いようです。
そんなテープ貼っただけで・・

なんて思う方はぜひやってみてください。
大事なのはテープもそうですが

アドバイスなんですけどね。

自分でできるものはやり方も教えます

足首などは自分で巻くのは難しいですが
なるべく自分でできるものはやり方を教えています。

難しいと思われがちですがカンタンにできるものもあります。
よく体育系のマネージャーがテーピングかなりうまかった

なんてことありません?

大会前・運動会前・コンペ前・・

なにかこれから運動する前など巻いてから動き始める方が
いい場合があります。

そんなときは早朝でもちょっとした合間でも構いませんので
ご相談ください。テーピングを巻くこと自体はそれほど

時間がかかりませんのですぐに終わります(はずです)

テーピングというものがどういうものか
少しでも伝わればと思います。


【いよいよ明日】

11224055_1079317392079804_3041174448167753667_n

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!