へバーデン結節の対処法は意外に『テーピング』『アイシング』がいい

絶賛求人募集中です!
https://unahone.com/recruit/

ウェブサイトでエントリーも可能
http://www.unahone.net/inqfm/reservation/kyujin/

受付、治療補助の方も募集しております(時給¥1200)


なってしまった『ばね指』をセルフケアするのにはどんな方法があるの?


ばね指については書きました

日ごろ遭遇することが意外と多い
『へバーデン結節』

※第1関節が変形していく病気。閉経後に診られることが多いことから
 女性に多い。変形がおさまれば痛みは止まるが外見上指が曲がってしまうことが多い

おおむね整形外科ににて
診断が出て初めて知るわけですが

その後どう対処していいの?
という話を当院で聞くことが多いので

その辺のお話をしていきます。

そもそも痛みはずっと続かない

けっこう痛い人は痛いので
『これ治るんですか』という質問を受けますが

治ります
(一部重症例はあり)

なのでこれは確実に治るということを
伝えることが大事です

指の変型や腫れが出るので
心配になる方が多いですがそこは大丈夫です。

テーピング

そこで当院の対処法なのですが
すべて対症療法になるのですが

まずは『テーピング』が有効なので
それをやります。

これだけで結構軽減するので
不思議です。

アイシング

あとは炎症が強い時は
『アイシング』

お惣菜などについてくる
ちいさいやつで大丈夫なので

痛い時は5~10分くらい
冷やしてください。

それだけでも違います。

確実に治るので諦めないで

患者さんが不安になることの多くは
『情報不足』によるものだと思います。

(調べ過ぎて困っている人もいますが・・)

この疾患は痛いですが
確実に治ります。

焦らずしっかりと
治していきたいものです。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!