トレーニング量の悩み。『継続』を考えるなら最低限どれくらいやればいいのだろう?

トレーニングが続かない
大きな理由の1つに

トレーニング量』があります。

少なすぎても効果が実感できず
離反に繋がり

多すぎると
毎回のトレーニングがしんどくなり

それもまた離反に繋がります
僕もちょうどいい量というのは

試行錯誤をして
今に至っています。

その量やら強度やらを
お話ししたいと思います。

ホームジムDX 【BODYMAKER ボディメーカー】 筋トレ 筋肉 ラック 自宅 握力 筋力トレーニング 下半身 筋力アップ 懸垂マシン 逆三角形 筋力 下半身トレーニング ラットプル マルチポジションベンチ 高重量トレーニング マルチトレーニング

感想(64件)

時間は1時間程度

30分くらいで終われれば1番いいのかも
しれませんが

そうなるとメニューはかなり絞られます。
実際に週に6回くらい行ければ

それでもいい結果が出そうな気もしますが
週6はかなりの苦痛です。

(現在僕はそうですが・・)

なので週に2〜3回で
1時間以内というメニューがもっとも筋肥大と効率に

合うのではないかと思います。
もうあとは寝るだけという夜のトレーニングならば

もう少しボリュームを出しても
問題はないとは思いますが・・

僕のように朝やっている人は
それほどオールアウトさせたりすることはなかなか

現実的には難しいのでできないと思います。

※オールアウト
もうこれ以上できないという状態一説には気絶しそうになり
目の前が真っ白になるという方も

本セットは3セット?

その詳しいセットをみていくと
だいたい最初の数セットは

重量をかけずに
フォーム重視で2セット

僕の場合これで体は温まるので
その後から本セット(重量重視)に入ります。

これを3〜5セット
こんな感じです。

毎回毎回扱える重量は微妙に違いますので
どうしても5セット以上は

パフォーマンスも落ちるし
怪我の発生頻度もグッと上がるので

いつもこんなもんにしています。
なのでよほどのことがない限り

全てのセットで(特にBIG3)
10セット以上はやりません。

逆に筋肉を絞った
ダンベル系の種目は

3セット以上はやりません。
それ以上やっても

あまり実感として
効果が変わらないように思うからです。

やればやっただけつく
というわけではない

ことを考えてやるべきだと思います。
やや物足りないくらいというのがちょうどいいように

思います。

有酸素は入れる?入れない?

僕の場合有酸素は15分以上やりませんので
有酸素も入れて1時間と考えています。

筋トレ終了後クールダウンもかねて入れます。
有酸素も時間をたくさんかければそりゃー脂肪は燃焼しますが

ここは最低限
できればと思っているので

まず15分以上はやりません。
(みながら動画視聴しているのですがその尺の問題で30分以上やったりすることはありますが・・)

サーキットやスーパーセットを入れよう

時短を考えるなら
サーキットやスーパーセットなど入れて

複数種目を同時にやると
効率が上がるし

消費カロリーも
全く変わってきます。

人がいっぱいいるとなかなか
できませんが可能な限り

やってみるといいでしょう。

※スーパーセット
異なった2種類のエクササイズを休憩をせずに交互に行うトレーニング

※サーキットトレーニング
いくつかの運動種目を組合せ (セットと呼ぶ) ,これを各種目,休憩をとらずに繰返してトレーニングしていく方法。

朝だとその後もあるので

朝のトレーニングだと
それで終わりではなく

その後の仕事なども
あります。

基本は効率を考えた
『時短』トレーニングを

おすすめします。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。