『何かが足りない』を模索し続けよう


基本的に足りないのは『タンパク質』

患者さんとおにぎりの話をしてて
おすすめの具材はありますか?

と聞いたところ
『バター、塩、しょうゆ』これがおいしいと

聞いたので
さっそく実践してみようとした

1回目
『えーしょうゆとバターとなんだっけ?』

と塩の存在を忘れていましたが
そのまま握り食べました。

もちろん何か物足りないなーと
思いながら食べてその時は終了。

そして今日。
ちゃんと塩を加えて握り食しましたが

味が整い絶品おにぎりに。
料理そのものが

何か足していき
絶妙な味に仕上げていくというところは

ありますが
この『何かが足りない』

という意識が
日常生活においても

とても大事なんだと
思います。

日本人に足りないネイティブの英単語100: 文脈で覚えるから「使える」「話せる」

体の特徴も

僕が他人様の足りないところが
わかるのは体のことです。

初診時もできるだけ筋肉の特徴をお伝えします。
10人いれば全員つきかたは違うわけで

それが今出ている症状と何が関係しているのか
明確にします。

持久力が足りないならあのサプリメントを取ろう

また筋トレにおいてもこれは自分自身についても
なのですがどこの筋肉が弱い(足りない)

ということは把握しておく必要がありますし
それは今後のトレーニングをよくするためにも

必要なことです。

食事・交通・整骨院(笑)・・全てを兼ね備えた便利な町、神楽坂に足りないものとは?

常に『何が足りないんだろう』
考えることは大事なことです。

自身の強み足りないこと

しかし何が足りないのか
自分自身正確に把握することは難しいこと

他人のことは良く見えるんだけど
自分は、みたいなことはよくあります。

『keynote』でのプレゼン。色々反省点ありましたが、ウナギセミナーに向けて弾みをつけます

でも考え続けることで
『はっ!』気づくことがります。

模索し続けることが大事です。
時間はかかれど考え続ければおのずと答えは

でてくるはず。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。