筋トレメニューを変えて『体幹』の大事さが痛いほどよくわかった

筋トレはいつも同じメニュー、負荷が続くと
必ず伸び悩みにぶつかります。

そのタイミングで組み換えしたり
ボリュームを変えたりするのですが

今回はちょうどトレーニングの真ん中の日に
『体幹のメニュー』だけの日を

導入し実践しています。
ほぼ自重を使ったトレーニングで

負荷は軽いのですが
けっこうきついです。

その中でわかったことをお話します。

【楽天上半期ランキング受賞】腹筋ローラー SOOMLOOM 正規品 腹筋 アブローラー トレーニング ダイエット 器具 筋トレ トレーニング 超静音 膝 マット付き ボディビル 静か ダイエット マシン エクササイズ 女性 初心者 おすすめ コンパクト【pic02】

感想(1880件)


体幹のメニューだけだったら家でも充実させることは可能。

体幹部がいかにつながっているかよくわかる

体幹のトレーニングの次の日のベンチプレスで感じることですが
腹筋の筋肉痛が翌日は取れないので

腹筋は力が入らないまま
次の日のトレーニングになるのですが

一見体幹は関係ないベンチプレスの時に
腹筋のコンディションが悪いと案外重量が持ち上がりません。

そう力が入らないんです。
BIG3のような種目ははっきり言って全身運動。

腹筋に力が入らないだけで
全然だめです。

おろそかにしてはいけない

腹筋は(特にシックスパックを目指す場合)やらなくてもいいものかとも
思いましたが

大きな力を出すものはおろそかにしてはいけないと
強く感じました。

スポーツなどはまさにその典型例
根気強く体幹トレーニングはやっていこうと思いました。

成果が楽しみです。
しかし笑うと痛い

この記事を書いた人

加藤 隆之
加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3300日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
10年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。
アトピー整体、得意です