膝を曲げた時、関節がボキボキなるあなたへ

DSC_5748

当院でよく扱う症状は首・肩・腰が多いですが
その次に多いのが膝です。

この膝も負荷がかかる関節なのでよく痛みを出す場所です。
その中でも意外に多いのが『タナ障害』という疾患

どういう病気なのか見て行きましょう。

タナ障害って何なの??

膝関節の内部には『関節腔』という空間があります。
その空間は『滑膜ヒダ』という膜のような壁

で仕切られています。そのヒダが棚のようにみえるため
そのような名前がついています。

胎児の時期に関節を覆う袋を形成する過程で一時的に
できるもので遺残して残るものが『滑膜ヒダ』といいます。

日本人の約6割に遺残すると言われていますので
意外とこの症状多いです。

最初痛くなるとどんな感じなの?

急になるものではないので、痛くなるまでに伏線が
あります。訴えの多くに

  • 屈伸するとヒザがボキボキ鳴る
  • 学生時代からひざの違和感がある
  • ひざの内側がなんとなく痛い

などの症状を訴えることが多いです。
やはりメインである症状はヒザの違和感

ひっかかりこういう症状を抱えている方が多い
と普段臨床に接していて思います。

人によってはロッキング症状
(ヒザに激痛が走り、曲げ伸ばしが不能になる)

があります。あまり頻回するロッキングは
手術をお勧めします。

タナ障害はどうやって治すの?防ぐ方法は?

当院に最初にいらっしゃる場合は臨床上の所見にて判断します
ヒザのひっかかり・触診・自覚症状・履歴など

確定診断が必要な場合はレントゲンではなく
MRIで診断がつきます。

治療方法ですが、運動等安静が足りていない方はまず安静です
そしてアイシング、当院にいらした場合は電気治療・超音波

マッサージなどで治して行きます。
そういった治療を2か月ほど続けても関節のロックが頻回して

治らない場合は手術をお勧めします。
(当院では手術の上手な先生もご紹介できます)

予防方法としては大腿部(ふともも)のストレッチ
これが1番効きます。

まとめ

この症状は基本的には若い人が多いですが
ある程度歳がいってからもおこる疾患です

誰にでも起こることと考えて下さい。
特に前述しましたがヒザのロッキング

これは本当に激痛ですので早めの受診を
お願い致します。

しっかりと予防方法もありますので
実践して頂くとともに

この疾患に関して理解を深めることも
重要ですのでどんどん勉強しましょう


 

猫背・骨盤のズレ・肩こり・腰痛・マラソンでの痛みから
De la douleur dans le cou raide de décalage, lombalgie marathon perron du bassin

交通事故治療まで
Pour le traitement de l’accident de la circulation

整体・マッサージもしています。
J’ai également carrosserie massage.

神楽坂・飯田橋の健康を地下から支えるウナギ整骨院
Conseil ostéopathique anguille à l’appui de métro de la santé de Kagurazaka Iidabashi
www.unahone.net @unahone

 

 

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください