カレーパンからヘルニアを考える

ヘルニアというのは、腰・首などが
よく聞くところだと思いますが他にも

でべそ・脱腸などというものもヘルニアで
それぞれ、臍ヘルニア・鼠蹊ヘルニア

と言います。
【ヘルニア】という語句は【脱出したこと】

を示す医学用語であり状態を示す言葉です。
『これヘルニアですか?』
『ヘルニアの一歩手前って言われました』

などヘルニアにまつわることは日常良く遭遇しますが
今一歩ヘルニアに対する理解をすすめてもらいたいので

少しお話したいと思います。

さて突然ですがカレーパンを思い出して下さい。

カレーパンを両手で挟んでいくとどうなるでしょうか?
ぎゅうぎゅう押すと中身のカレーが

おそらく出て来てしまうと思います。
このカレーパンの具が出て来てしまう状態を

ヘルニアと言い、あなたの痛みは
このカレーパンの具が引き起こしています。

辛ければより痛みが強いかもしれません(笑)

このカレーパンの具は『髄核』と言われるものですが

↑こうみるとカレーパンのようですが・・

正常な状態ですと
カレーパンの具と同じように中におさまっていて

自分から飛び出していくものではありません。
何らかの外力が加わって始めて

椎間板から飛び出して(カレーの具)
背中にある神経を押して痛みが生じてしまいます。

このカレー(髄核・ずいかく)は90%が水分なので
(水っぽいものだとインドカレーか?笑)

安静にしていれば、自然に消失することもあります。

当然ですがこのカレーパンをぐいぐい押せばカレーは
どんどん出てきます。
(運動等負担をかけること)

よく手術をするケースがありますが
このカレーをとりだしてしまうことが

手術に該当します。

何だかカレーパン・カレーパン言い過ぎて食べたくなって
きましたね。ヘルニアについてご理解頂けましたでしょうか?


 

猫背・骨盤のズレ・肩こり・腰痛・マラソンでの痛みから
交通事故治療まで
整体・マッサージもしています。

神楽坂・飯田橋の健康を地下から支えるウナギ整骨院
www.unahone.net @unahone

ウナギの稚魚はいませんか?

6日診療しています

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください