ぎっくり腰のこと散々話しておきながら、自分がなった時の話(いろいろ試してみました)⑦

これまでの投稿はこちら↓
腰の骨が潰れているだって??
お前はもう死んでいる
飲めば痛くないクスリ
貼ったら・・・・
コルセット
電気治療

⑦牽引治療

やったことある方はご存じかとは思いますが 腰の治療において 【牽引治療】というものがあります。

腰を固定して機械の力を使って 引っ張り治療する機械なのですが
筋肉のストレッチ効果が期待できます。

ヘルニアがあるかたなどは保存療法の 第一選択として用いられることが 多々あります。
今回のようなぎっくり腰には有効なのか 再三言いますが

かなり痛い状態ながら あえてやってみてその効果のほどを確かめました。

【結果】 写真のような姿勢になることがまずかなりきつい。

しかしそこを頑張って引っ張りました。 正直とても痛くて起き上がるのにも かなり苦労しました。

【結論】

読んで頂いている方もそうじゃないかなと思った方は たくさんいらっしゃると思いますが ぎっくり腰のように急性期の症状(強い痛み)の時には 絶対に引っ張らないようにしましょう。

逆効果です。 この結果わかっていましたが、わかりやすさを伝えるため 当時頑張ってやってしまったしだいです。 ぎっくり腰の時は牽引治療は止めましょう。 ヘルニアで強い痛みがあるときも同様ですよ。

 

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください