屈伸すると膝がパキパキいう人、いつも関節に不安定感がある人へ

スクワット

20、22日は診療します


普段の診療で多い箇所と言えば
腰と、膝ですが

この膝に関しては
歩かない人はいないわけだから

何らかの負担がかかり
痛みはでないまでも

違和感があったり。なんかかみ合っていなかったりと
様々訴えをされる方がいます。

その膝ですが
その日本人の特性から

約半分の人がかかっている可能性の
ある疾患があります。

それは『タナ障害』という症状なのですが
これについて深ぼっていきます。



ひだが長い

人間の膝には『ひだ』があり
これは関節包という袋にひだがある

構造があるのですが

  • 元々少し長い
  • 沢山の運動でヒダが機械的に刺激され肥厚する

などの原因で
膝関節で挟まり、炎症を起こすことがあります。

関節鏡のない時代は原因不明の膝の痛み
として片付けられていましたが

今は棚障害(そのひだの部分が神棚のように見えることから『棚』という)
と診断がつけられるようになりました。

レントゲン上にはうつりません。

痛くはないけど続く違和感

まずこういった方は先天的なもので考えると
子供のころから膝の違和感はあったという方が多いです。

実は僕も棚障害なのですが
小学校の時からよく関節がロックし

その都度『激痛』に見舞われました。
特に膝の捻り動作は弱いです。

そして屈伸時のポキポキ音
これがあります。

心配な方はやってみてください。
立仕事の方は多い印象があります。

まずは体重を減らすこと、そして

治療は様々ありますが
僕が1番効果があると思うのは

  • 減量
  • 筋力強化(大腿四頭筋)

ではないかと思います。
考えてみれば、10㌔痩せてから

全く膝の不安感は今のところないです。
減量前はちょこちょこありました。

5㌔減らせればおおよその
膝の痛みはかなり軽減すると思います。

重症例は手術

なかには重症例もあります。
もうかなり前ですが僕の父もこれで手術しましたが

年齢的な変形もあるので
現在膝は痛そうです。

やはり早い段階での受診
そしてアドバイスを受けるべきだと思います。

痛みを取る方法はあるので
当院でも十分対応可能な疾患ですので

(対応できないものは然るべき医療機関をご紹介します)

なにか膝で困ったら
ご来院ください。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

スクワット

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!