股関節が痛いのに、自己判断で治療が遅れ絶望的な状況になったケース

^:・http://www.youtube.com/watch?v=IVt-8FznV_w
腰や膝が痛い方が多いのですが意外に多いのがこの
股関節。歩行にも直接影響する箇所なので

痛いと日常生活に大きく支障が出ます。
今日はこの股関節の痛い方が

自己判断で長い間様子を見て
来院が遅れたケースについてお話したいと

思います。

その方はいつも痛いところはそんなにないし
痛くなってもお風呂に入ったり、湿布を貼ったり

で対処してだいたい症状はとれていたそうなので
今回の股関節もいつもどおりそのように対処していた

そうですが、いつまでたっても今回は痛みがひきません

いつもそうですがこの段階で来て頂ければ本当に早い段階
で症状が解決できることが多いです。

これまでもさんざんこのブログでもお伝えしています。

でも残念なことにこの辺で来られている方は非常に少ないのが
現状のようです。

それでその股関節の方、発症から2週間後に来院されました。
(よく2週間も耐えたと)

すでにびっこひきながらだったので股関節かなと思ったのですが
やはりそうでした。そして前述したようなお話を聞いて

治療が始まりました。

来院直前の状況は歩くのも正直ままならない状況だったと
おっしゃっていました。

このように繰り返しになりますが症状は様子を見てもほとんど
意味がありません。

(でもこの話の裏には様子を見て取れている症状もけっこうあるのではないかと推測できますが・・・・)

ぎっくり腰を例に出せば、よく痛くなる方はなりそうな時はわかる。と言います。

治療のタイミングは、ここです。

当院にいらっしゃる方には繰り返し啓蒙はしていますが
浸透度合いはまだまだだと思います。

これからも繰り返し繰り返し言い続けますが
痛いながら様子をみて過ごすのと

あれこれ考えず当院に飛び込んでさっさと治すのと
どちらがいいですか?

おっと
偶然にも連休中ですが今日は診療しています。
(笑)

連休最終日、快適な状態で明日から仕事するのとなんとなくすっきりしないで明日を迎えるのはどちらがいいですか?


 

猫背・骨盤のズレ・肩こり・腰痛・マラソンでの痛みから
交通事故治療まで
整体・マッサージもしています。

神楽坂・飯田橋の健康を地下から支えるウナギ整骨院
www.unahone.net @unahone

本日14時まで診療しています

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください