『緊急事態宣言』はもう出せない?今後の都や国の動向は大注目


緊急事態宣言中の新宿

昨日の新規感染者数が『366人』と
わかってはいたけど

爆増し続けています。
どんなに社会が進歩していても

ウィルス対策は
ワクチンや治療薬がない状態であれば

動かないこと
これ以外ありません。

東京都はお願いベースで
個人間の自粛を推奨しています。

行動制限を個人の力としてしまうと
おそらくちぐはぐになるので

感染を止めることは
できないと思います。

というところで
また『緊急事態宣言』か?

ということになりますが
これは出さないというか

出せないと思うので
今後もお願いベースで

『自粛』ということがダラダラ続くことには
なると思うのですが

それでは絶対に抑えることはできません。
そこで都や国はどういう対策を打ってくるか

注目しているのですが
とても難しい局面であることは

間違いありません。

新しいウイルス入門 (ブルーバックス) [ 武村 政春 ]

感想(2件)


知識をつけることも予防の1つ

緊急事態宣言の経済損失数兆円

緊急事態宣言は出しっ放しというわけにはいきません
『補償』とのセットになりますが

前回やこれまでで
補償等は手厚くしてきました。

なので
『無い袖はふれません』

そして感染者は減りますが
経済的には死んでいきますので

まーどっちを取るかということになりますが
難しい問題です。

国や東京都はどちらかというと
経済のことに重きを置いている感じでは

ありますが
明確にはうたってはいないので

実際のところどういうつもりなのかは
よくわかりません。

国民は懸命

こうなってくると
国民の自主的な行動でしのいで行く
みたいな空気があります。

現に連休ですが
あれだけ数字が出ると

自主的にどこにも行かない
人は増えます。

結果的にこの4連休はほぼ自粛みたいな
ものになるんだと思います。

『なんか楽しめないよね』
ってなりますよ、普通に。

都外に行くことだってはばかられますしね。

じわじわ首を絞められている気が

仕事の方もなかなか波に乗れない感じです。
というか、波に乗ったかと思ったら

また座礁し、みたいなことを繰り返しています。
こうやって感染者が増えれば

また忙しくなることはないと
思いますし

いいイメージを持って
やってはいますが

おそらく難しいのではないかと
思います。

神楽坂でも閉店の波は少し始まっています。
暗黒の時代です。

元の世界は戻ってくるのだろうか

ほんと、ここに尽きるのですが
1歩先が読めない状況

1手1手判断を迫られている
そんな毎日です。

その1手1手は
正しいか、誤っているか

それはわかりません。
『手を取り合って頑張りましょう』

そんな言葉がかなり空虚に感じる
毎日です。

この消耗戦
どこまで耐えられるか、、です。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。