上半身にくらべるとバリエーションが少ない下半身の筋トレ。これだけは押さえろ!

スクワットなど下半身の種目は
なんとなく毛嫌いされる傾向にあります。

トレーニングはやっているんだけど
下半身はやっていない、という方は

案外います。
それはもったいない、と僕は思います。

むしろ上半身のトレーニングこそ
やらなくていいのでは?

そのように思っています。
それとそもそも下半身のトレーニングは苦手

という方もいらっしゃいます。
僕もかつてはそれでした。

スクワットなどは何度か痛めたことも
あるし、あまり気が進まないトレーニングたち

でも今はむしろ
率先してやるくらい

苦手だった『スクワット』が楽しみなトレーニングになったわけ

その気持の変化は
やる種目がほぼほぼ決まっているからではないかと

思います。

【全品10倍&送料クーポン!11日2時まで】 保阪尚希 監修 美フォームス クワット / スクワット マシン 器具 椅子 イス グッズ トレーニング 足 脚 筋トレ 足腰 ケア 【TBSショッピング】

感想(10件)


習慣が根付くならこれもありかも??

スクワット

まーこれだけでもいいかもしれないという噂はありますが
王道のスクワット。自重では回数を増やす必要があるので

10回くらいでへこたれる回数に設定して
重量を変えていくと、効率が上がります。

腹筋をしっかり鍛えたい人も
案外効果があり、体幹から下半身まで幅広い筋肉に

効きます。
脚痩せを期待している女性は

絶対に外せないメニューです。
スクワットで足が太くなることはありません
(普通にやるぶんには)

カーフレイズ

いわゆるつま先立ちのトレーニングです。
足がよくつる人にはおすすめです。

これは負荷はかけないでいいので
大きな動きでじっくりやっていくというのがみそです。

効果をふくらはぎに限定しているので
効果が出やすい種目ですし

スクワットのように
大がかりではないのでやりやすいといったメリットがあります。

ランジ

足を前方に突き出すトレーニングです。

腿の裏の筋肉と臀部に効きます。
やり始めは確実に筋肉痛へといざなってくれるトレーニング。

よく浅くしてやってしまっている方がいますが
十分に腰を落とした状態まで持っていくようにやったほうがいいと

思います。効果がまるで変わってきます。
慣れてきたらバーベルなど荷重をかけるとよりいいと思います。

30分くらいで密度の濃いトレーニングは可能

主たる種目はこんな感じなので
30分できればかなり濃いトレーニングができます。

週に2回できれば十分だと思います。
下半身のトレーニングの効果を感じられるように

なればもうこっちのものです。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。