ワクチン接種前の『筋トレ』どこまでやっていいのか?

2回目の接種、朝接種の予約でしたが
いつものようにトレーニングを終えてから

行いました。
終わってからはおそらく3日くらいは

できません。
(個人差はあり)

その点接種前はどのくらいまで
やっていいものか?

というのが熱心なトレーニーほど
気になるところですが

僕は2回の接種を通して
個人的なデータの1つにすぎませんが

以下のように
結論付けました。

前日まで控えた方が無難

当日の朝までやるなんてのは論外ですが
今回のワクチンは資料などに書いてあることを忠実に

守ることをおすすめします
(当たり前ですが・・)

なんなら摂取前日も
避けれれば間違いないと思います。

そのことで血流循環もいい状態が維持されるので
反応が強く出てしまう気がします。

背中の痛みが広がった

接種前日のトレーニング(スクワット)
で背中を運悪く痛めてしまいました。

そしてそのまま
次の日は胸の日なので

大丈夫だろうと踏んで
普通にやってしまったことが

大きな過ちでした
(接種当日の朝の日です)

なんとなく打った後に
これは注射のせいなのかはわかりませんが

背中の痛みが一気に広がりました。
(タイミング的には本当に接種後)

背中全体がギックリ腰の状態でした。
振り返ってみると発熱の次にしんどかったです。

そこにさらにプラスして
1日中寝ていたことによる腰痛も災いします。

そんなものなので
結果的に再開に時間がかかり

本末転倒の結果です

無理をすれば再開が遅くなる

こういうこと、本当に多いんです。
自分でもあほだとは思います。

そもそも痛いところがあった
時は原則トレーニングは中止にするのが普通です。

最近はめっきり痛みが出ることが少なくなって
かなり油断していました。

トレーニングは『痛みがあったら原則中止』です。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!