『ランニングやマラソン』は痩せるためというわけではなく『リフレッシュ』と考えた方がいい

『緊急事態宣言』時は
ジムが『休館』だったため

止むを得ず
走っていました。

しかし体重は増えるばかり
今年のダイジェストがそれかよとは

思いますが
あんな経験2度としたくないと

思いました。
そう、走っても痩せません。

(歩いてもそうです)

第一走るの苦しいでしょう

一時的に体重を減らして
(リバウンド有りでも)

いいなら徹底的に走って
減量達成、終了でもいいのですが

それは健康的なダイエットではありませんし
ダイエットは数字を出す競争でもありません。

走って(または歩いて)痩せることを
考えているなら

考えを改めた方がいいと
思います。

有酸素とダイエットがパックになっている不思議

ダイエットというと歩きました、マラソンしました
という声を聞きますが、そういうところも

ダイエットを志す人の気持ちを削ぐのに
役に立っていると思います。

有酸素に頼ったダイエットは成功はできるのですが
リバウンド率が高い印象があります。

走るのも中毒性があるのでどんどん量が増えて
ある時燃え尽きてぱったりやめてしまう

そして運動量0なり
あっという間にリバウンド

というケースは少なくないと思います。
走ったり歩かなくても全然痩せられます。

(そもそも痩せる必要があるのか目標設定は超重要)

ダイエットと有酸素がパックになっている印象を
受けるのは、情報操作のように思ってしまいます。

運動で得られる消費カロリーはたかが知れてる

運動で摂取したカロリーを消費しようとしたら
かなり難しいです。

有酸素はダイエットにはつながらない
と極端ですがそう思ってもらってもいいと思います

ただ気持ちいランニング

ここは間違い無いです。
走ることは気持ちいいです。

普段と違う景色なら尚更最高。
それとある程度心拍数を上げる習慣をつけると

階段の上り下りで息が切れることが
なくなりなんか強くなった気がします。

マラソンやランニングは
あくまでもリフレッシュ、気分転換くらいに

考えましょう。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!