満員電車の通勤で、少し筋肉を意識して骨盤が開かないようにする方法を教えます

924130d41059a67caac8a2daeb090d11_s

仕事をしている人の多くが電車を利用して通勤しています。
その中の方たちはおそらく『座れることができない』方たちでは

ないでしょうか?要は混雑の問題です。
そんな立ちっぱなしの時間、何をしていますか?

音楽を聞く?iphoneをいじる?
このブログを読む?(それだけわかれば今回の投稿はここで終了でもいいくらい)

嬉しいですが、せっかく立っているんですから
骨盤を意識した立ち方もありだと思うのですがいかがでしょうか?

参考動画をみてください

これは寝てやる『骨盤体操』もちろん
その理論は立っていても応用できます。

あまりにも満員だとできませんが
ほどほどの乗車ならば確実にできます。

意識としては
姿勢を正し、『キュッ』と骨盤を後傾させる感じ

なのですが口頭では伝わりづらいですかね?
そんなに負荷はかからないので30分の乗車時間くらいなら

無理なく立位の骨盤体操はできると思います。

ズレを治すことが第一歩

骨盤の傾きで足の長さが変わり
痛みが出ることがあります。

筋肉も引っ張られることもあるので
内転筋痛など太もも付近も症状はでますし

股関節にも影響が出ます。
骨盤のズレは余病が多いのです。

ズレているかどうかわからない方は当院へ

自分のカラダのチェックは正直難しいです。
ズレてるかどうか知りたい方はぜひ当院にいらしてください。

ゆがみーるという計測機械もあります。
ゆがみーるについてはこちら

まずは電車内で骨盤体操、やってみてください。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!