同じスクワットでも変化が必要。筋肉は刺激に慣れます。

まずは決められたメニューを愚直に
続けていくのがトレーニングの王道ですが

その刺激はいずれどこかで慣れていきます。
筋肉痛になりづらくなったなどはその例でしょう。

適正な刺激が入るとその防衛反応として
筋肉は肥大していきますので

筋肉自体に危機を与えられなければ
筋肉は一生つきません。

なかなか筋肉がつかないんだけどという方は
おそらく刺激の両尾が少ない

トレーニング強度が弱すぎることが考えられます。
その他にも休養と栄養という条件が

整っていないとつきません。
なかでもスクワットだけに限定して言えば

普段重量に重きをおいている人も
たまにはマシン中心でセット数を多くやる

たまには有酸素をたっぷりあってからトレーニングに
入るなどメニューは慣れてきたら変化をつけることが大事です。

案外同じことをやることが正義と
思われている傾向があるので

そこは伝えておくべきだなと思います。
長年やっていると本当に変化は微々たるものです。

もしかしたら変化していないかもしれません。
それでも粘り強くやったものが

本当のトレーニングの面白さに到達するのも
事実です。

さて今日もトレーニングです

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。