何度もギックリ腰になるのを治すよりもう2度とならないようにと考えるほうがいい

ギックリ腰は2度とならないようにする
どの患者さんに対応するときもそこを目指します。

なぜって?
ギックリ腰になることによる人生の損失が圧倒的に

多いから。そのように考えます。
一時的にお灸をすえて健康について考えるという

前向きな考えもありますが
そもそも健康であれば何もそのようなことを改めて考えることはない

そのように思いますし
そのとき、ぎっくり腰でなければ

できたことがいっぱいあったりします。
というわけで2度とならないように永久に腰が痛くならないように

するにはどうしたらいいのか
しつこいかもしれませんが考えてきます。

【楽天ランキング第3位】骨盤ベルト 産後ケア ゴム S/M/L 大きいサイズ 天然ゴム 腰痛 ダイエット 薄型リフォーム 男女兼用 通気性抜群 ポンチ穴入り スポーツに 長時間の立ち仕事に ランキング受賞 【ゆうパケット】

感想(153件)

体重を増やさない

体重は軽いほうが腰痛のリスクは減ります。
なので急激に増えるとリスクは増えます。

1度腰痛になった人はここを意識して
生活するだけでだいぶリスクは減ります。

かんたんなことです。

姿勢

骨格の歪みは思わぬ腰痛を生みます。
段々と悪くなってくる姿勢をちょっと気をつけましょう。

または専門の医療機関で自分の背骨は
どうなっているか確認することも大事です。

ご自身では背骨がどうなっているのか
わかりませんから。

過度なストレスを回避する

これも大切な要素。
問診をとっていると明らかにストレスが腰痛を生んでいるケースが

かなり多いです。
なかなか自覚できませんけどね。

ストレスは程々に与えましょう。
会社に行くのが、どうもという方は

考え直しましょう。

運動

運動は好き嫌いもあるので無理強いはしませんが
確実にメリットはあります。

でも歩かない人はいませんから
みんななんらか運動はしているんですよね。

運動をする習慣がまだまだ広がりづらいのは
何なんでしょうかね、謎です。

老化との戦いにどう打ち勝つか

そしていずれくる(もう若干ありますが)老化との戦いです。
これはもう織り込んで生活したほうが良さそうです

老化が進んでいるときに
努力する気にはなりません。

絶対に老化はやってきます。
ぎっくり腰は2度とならないようにする

ここをベースに考えていくといいと
思います。それは確実にできることですから。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。