コルセットを外すベストなタイミングを考えてみた

12月のお知らせ
★大みそかまで全爆走診療します全日診療 お正月もやるよ!!★



ギックリ腰など強い腰痛を
伴ったときに使う『コルセット』ですが

外すタイミングを逃し
いつまでもし続けている方が

います。
それだと筋肉そのものも落ちてしまい

避けるべき要素ですが
一体腰痛があった場合

どのタイミングで
外せばいいのか?

お話します。

そもそも大前提ですが

コルセットはなるべく使いたくない
というのが僕の本音。

しかし痛みはある中で
動かないといけない状況があったと

するとこれに頼った方がいい場合も
あるのが真実。

その中でどのような選択をすれば
いいのかということですが・・

痛みを止めるものではない

当然ですが
疼痛をこれで止めるものではないということは

しっておくべきでしょう。
しっかりはまると

意外と痛みが取れてしまうことも
ありますが痛い時は取ってしまえば一緒

また痛みは戻ります。
魔法のバンドではありません。

いきなり外さない

自己判断で勝手に取ってしまう人が
いますが予後は悪いです。

取るタイミングはありますが
それは自己判断は危険でしょう。

良かった試しがありません。
僕の場合
寝ていて起き上がるのが楽になってきた時点で

外すことを考えます。
そして外しても

いきなり全部取るのではなく
仕事が終わったら取りましょう

という感じで
次の段階は

午前中で外しましょうとか
少しずつ装着時間をみじかくしていき

最終的にしない状態までもっていきます。
もちろん日々の症状と照らし合わせをしながら

ですけど。

最短時間

ここのところは『ハイボルト』の
治療成績がいいので

こるせっとをつかわないことも
よくあります。

『使わない方が理想』と謳っている僕としては
これが理想な形です。

もし使用するんでも
本当に短時間、これを心掛けます。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。