日々の運動がなかなか難しいなら通勤時間で工夫しよう

運動を始めるなら今だと思いますが
(いつもそんなこと言っているような気がしますが)

それでもなかなか難しいという方は
たくさんいらっしゃいます。

(ほとんどそうなんじゃないかな)

そんな方は通勤時間を工夫すると
少し運動量は変わってきます

その方法です。

完全ワイヤレスイヤホン ブルートゥース イヤホン 片耳&両耳対応 ワンボタン設計音楽 bluetoothヘッドホン マイク内蔵 ハンズフリー通話 小型 軽量 高音質 iPhone、Android各種対応


このタイプ増えていますね

全てを階段で

ここで書くことは簡単ですが
やろうと思ったら意外と難しいことが

この階段です。
駅の階段、職場までの階段、・・・

考えてみると階段は山ほどあります。
そこをエスカレーター・エレベーターを使わないで

移動しようという手なのですが
これ真剣に全てやると意外なほど運動になります。

というか運動不足が露呈されるだけなのですが
週休2日であれば週に5回ほどこのルールに

したがってやらないといけないとなると
結構な運動量が積算されます。

昔ある方が
オフィスのある12階まで

毎日階段で登り降り
したそうですが

その効果のほどもかなり
あったとおっしゃっていました。

1つ難点としては
汗がこの夏場止まらなくという点ですかね。

でもこれはやってみる価値はありそうです。

電車で座らない

これは地味ですが
汗の心配はありません。

電車に乗っていても
空席があるのに立っている人は

気骨のある人です
それだけで尊敬の念を抱いていしまいます。

運動強度は下がりますが
負荷も比較的少ないのでおすすめです。

階段と併用すると
相当な運動量になるのではないでしょうか?

自転車通勤

そもそも電車に乗らないという選択肢も
あります。

そう自転車通勤です。
この時期はしっかり水分など取らないと

長時間の自転車通勤は
『熱中症』の危険もありますが

それは朝早く出るなどの工夫があれば
防げます。

久しぶりのロードバイク通勤で気を付けたいこととたくさんのメリット

やはり自転車最強だと思った、人身事故での帰り道

https://unahone.com/wp-admin/post.php?post=15777&action=edit

一駅歩く

これは若干運動の要素が強いので
通勤でも帰りにおススメです。

これも経験している患者さんがいて
体重が減るのでいいですよ、と言われたことがありました。

運動強度としてはこれまでに
紹介したもののどれよりも運動強度は高く

効果も実感しやすいかと思います。
個人的には歩いているといろいろなアイディアも

わきますし
メリットしかないと思います。

実行しない手はないでしょう。
これまで紹介したもの全てやれば相当な運動量になるのではないでしょうか?

  • 移動は全て階段
  • 電車内では立つ
  • 帰りは一駅歩く

わざわざジムに入会し
お金を払わないでも健康にはなれるものです。


【1日1新】

特になし

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!