朝の筋トレ、夜の筋トレ、それぞれのメリット、デメリットは?

筋トレは1日の中で
どのタイミングでやったらいいのか?

という質問を受けます。
それに対しての答えです

(モノリリ)Monrr ハイカット 白黒 滑らない 靴 ジム シューズ メンズ スニーカー 3色展開(黒、赤、青) トレーニング ミッドカット 内履き バッシュ 学生 運動靴 室内用 室内履き (赤 27)

朝の筋トレ

朝と言っても僕の言いたいニュアンスは
仕事前すなわち早朝のことです。

午前中はしっかり筋トレして食事して
それからゆっくり通勤、、、が理想ですが

そんな人は現役世代でなかなかいません。
まずは朝筋トレをやるメリットについてです

時間が有効に使える

わざわざ朝に早起きして筋トレをするんです。
それは時間の有効活用にもなります。

朝の1時間は貴重ですが
それを筋トレに費やすのは効果的です。

気分良く仕事に入れる

多少かったるくても運動をすると
シャキッとするので結果仕事への入り方もよくなります。

僕もこの時間に考え事をしたりアイディアを捻リだしたり
脳もリセット状態なので頭がクリアです。

ほぼ貸切状態

朝仕事前にあえて筋トレをする人はまだまだ少数派です。
なので朝のジムは空いていてとても使いやすいです。

これはどこのジムも同じだと思います。
翻って夜はイメージの問題もありますが

混んでいるイメージがあります。

通勤も楽である

当然朝早いので通勤も楽です。
これも精神的にすごく大きいかな?

正確なウエイトのキロ数がわかる

朝は疲労状態ではないので
この前これ持ち上がったのに、ということがありません。

計画通りの筋トレができると思います。

朝の筋トレデメリット

一方で朝の筋トレのデメリットです

早起き

朝早く起きるのが苦手な人は
とても辛いと思います

眠くても筋肉が起きてくると
眠さは取れますがね。

筋肉痛にならないので負荷の設定が難しい

どういうわけか朝やる筋トレは
筋肉痛になりません

なのでこのくらいの負荷がいいか
いつも疑問に思います。

筋トレ後も睡眠が取れるわけではないので
筋肉を最速でつけるのであれば朝は不向きかもしれません。

仕事のクオリティが下がる恐れがあります

朝の筋トレはやはりある程度疲れます。
これも『慣れ』なのですが

慣れないうちは午前中仕事にならないかもしれません。

夜の筋トレ

しばらくこの時間にはやっていませんが
夜の筋トレのメリットはこうです

筋肉がもっともつきやすい

夜の筋トレはトレーニング後は寝るタイミングなので
適切な負荷そして栄養が取れれば

1番筋肉の着く時間に変化します。

深い睡眠

なのでトレーニング後は割とすぐ
寝ると思うのですが

筋トレ後はかなり深い睡眠が期待できます。
深い睡眠は体を疲れさせるのが1番いいですね。

<2>夜の筋トレのデメリット

一方で夜の筋トレのデメリットです。

開始時もう疲れている

仕事を終えてからの筋トレなので
体は若干疲労状態

少しかったるいかもしれません
でもそれはランニングマシンなどで

体を温めれば楽になります

混んでる可能性

先ほども書きましたが夜は混んでいる可能性が
高まります

混んでいて自分の思ったトレーニングができないのは
辛いです。

どっちを選ぶかはあなたのライフスタイルに応じて

はっきり言ってメリット・デメリットはありますが

どの時間帯を選んでも筋肉は着くので
心配はいりません

あなたのライフスタイルに合わせると
いいと思いますが個人的には

やはり朝がオススメです


【1日1新】

特になし

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!