トレーニーが『有酸素』やらないのってなぜ??

コロナ禍で普段
ジムではスタジオ系の種目を主戦場としている方が

やむを得ずマシンなどの筋トレゾーンで
この緊急事態宣言下

凌いでいる方がいます
(とても不本意そうです)

その方から
『筋トレやっている方はなぜ有酸素をやらないのですか?』

という質問を受けました。
私見も含みますが

その答えを
お話したいと思います。

◆2/11まで 37800円◆ スピンバイク 家庭 簡単 組立て 調節96通り ルームバイク 心拍 有酸素運動 無酸素運動 フルカバーホイール 4WAY フィットネスバイク タブレットホルダー フルカバーペダル エアロ バイクビクス静音 高耐久 耐荷重 150キロ

感想(82件)


家でやるのはなかなか難しい。

【2020年ベストヒット】快活クラブに通いつめた僕が読んだイケてるマンガ21選

やる必要がない

そこに尽きると思います。
例えばマラソンランナーは体を軽量化するほどいいので

ガッチリ筋トレすることはあまりないと思います。
記録を残すのならやはり『走ること』だと思います。

それと同じことがトレーニーにも当てはまります。
『走っても筋肉はつきません』

要はそういうことだと思います。
ただフィジークやボディビルの大会に出るような人で

どうしても減量が必要な方は
まれにやっている方がいますね。

時間が足りない

僕もトレーニング全体としては有酸素を
前後に挟んでやれれば理想ですが

実際そこまでトレーニングに時間が避けない
という事情があります。

時間の問題も大きいと思います。
個人的にも走るのは気持ちいいし好きなので・・

BIG3で似たような効果

あとは心肺機能を鍛えるのに必要ではないか
という事に関する理由なのですが

それもBIG3をインターバル短めでやれば
同じような効果が得られます。

筋肉も鍛えられて
心肺機能も鍛えられる、万能だと思いません??

要はなんのためにやるのかどうか?

結局はそこに尽きます。
まずはなんのためにやっているか

それを完全に理解し
できれば人に聞かれたときに

答えられるくらいの認識は持っていたいものです。
なんとなくウオーミングアップで

ランニングマシンから
みたいなのは

再考する必要があるかもしれません。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!