ベンチプレスで100㌔を狙いにいくとき理想的な重量の増やし方とは?

男のロマン(笑)
ベンチプレス100㌔

確かに初めて持ち上がった時の
やり切った感、半端なかったことを今でもおぼえています

ベンチプレス100㌔上げるのにどれくらいの期間かかるのか?

ベンチプレス100㌔以上はなかなか困難。打開策は何かあるのか?

ペンチプレス100㌔は男のロマン。ただなかなかその壁を越えられないのはなぜか?

僕も一応達成していますが
その道は決して平たんなものではありませんでした。

だれもが高重量を狙いに行くとき
合理的に最短で、とは考えますが

その道程をなるべく短くする
工夫をお話します。

自分の限界点を知る

まずは自分が1回で最大重量どれくらい上がるのか
知る必要があります。

高重量は扱いも気をつけないと
注意が必要です。

1回というのはちゃんと胸まで下げて持ち上げられる
ところでただラックアップしただけというのは1回となりません。

大体の方が
10回持ち上がる重量プラス20㌔が1回の最大重量だと

思います。
なので100㌔を1回持ちあげるには

80回を10回持てる必要があります。
(多少個人差はありますが)

80㌔を10回というのを
目指すことが100㌔を上げられる重要なファクターと

なります。

10回上がったらどんどん2.5㌔ずつ挙げる

なのでどんどん上げていく必要がありますが
10回上がったら2.5㌔ずつ

これが最小単位の重さなので
どんどん上げていくといいでしょう。

両方で2.5㌔増となります。
10回上げたら2.5㌔ずつ上げる

というのを繰り返します。
ある一定のところでなかなか上がらなくなりますが

そこまでは限界を挑みましょう。

頻度とボリューム

週に3回、10回を5セット
このくらいできると伸びが1番いいかなと思います。

(アップセットは含みません)

現状の僕はこの倍10セットを目安にやっていますが
それはどこまで限界できるか試しているだけで

実質5セットやっても10セットやっても
そう大差はないと思います。

下半身は関係あるのか?

関係あると思います。
BIG3は全身運動なので

下半身が充実していると
重量は伸びる可能性がありますが

フォームや下半身がうまく使えていないと
難しいかなと思います。

同様に背中も関係あると思います。

筋トレ界のみ通じる称号

勘違いしてはいけないのは
ベンチ100㌔でも

一般的な話で言えば
『それで?』となるので

それほどすごいことではないですが
(僕はベンチ100㌔持つ大変さはしっているので賞賛ですが・・)

筋トレ界では称号に
なると思います。

自信になりますよ。

続けることが出来れば必ず達成できる

それと継続できれば必ず達成できる
数値。今頑張ってやっている人は

めげずに頑張ってください。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!