体が硬いことが気になっているあなたへ。ストレッチはしなくていい?


夏ですね〜

僕は体が『硬い』です。
相当硬いです。

でもストレッチはあえてやりません。
やる必要性を感じません。

なぜかって?
その理由をお話しします

ストレッチ 少ないリソースで思わぬ成果を出す方法

必要性を感じない

必要性を感じないと書いたのは
筋トレはやっていますがその中にストレッチは組み込みません。

やってもやらなくても体の状態に僕にとっては
変化がないからです。

昔は開脚がスーッと伸びましたが
そこまで持っていくのに年齢も考えると

なかなか時間がかかってしまい
時間を浪費することになりかねないからです。

スポーツをやっているなら話は別

ここまで大胆に書きましたが
スポーツをなさるなら話は別です。

スポーツにおいてどのスポーツでも
大きな力を発揮しないといけません。

そうなってくると関節の可動域は広いに
越したことはありません。

柔軟性は必須になっていきます。

男性に関しては10人に1人

体を柔らかくすることというのは
盛んにメディア等でも言われていますが

実際に体と接する機会の多い僕の
仕事の中で患者さんの柔軟性をチェックすると

実際のところは体が問題なく柔らかいという方は
男性においては10人に1人いるかどうか、実測は

そんなものです。
想像以上に体を柔らかくすることというのは

浸透していません。
女性は筋トレをなんとなく毛嫌いするのと

なんか似ています。
(最近は芸能人も筋トレやり始めてそれをインスタとかにあげているので変わってきましたね)

それほど気にしないでいい

一応自費診療でもストレッチのメニューはありますが
体を柔らかくすることはできたらやる程度で

いいと思います。
それよりも体を支える『筋トレ』です。


【1日1新】

特になし

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。