ダイエット終了のタイミングは『筋力低下』と思っています

当院美容部門スタートしました。女性スタッフが担当いたします(予約不要)


12月のお知らせ
★大みそかまで全爆走診療します全日診療 お正月もやるよ!!★



期間限定で『自転車通勤』にしてから
体重が減り始めています。

当然と言えば当然ですが
そのダイエット

ダラダラやるのもしんどいので
そろそ期限を決めて

終了しようかと
思ってもいるのですが

辞め時に困っています。
というのも目標を一応達成し(10㌔減)

まーノリで15㌔行くかと思い
今年の後半は

継続させていますが
さすがに10→15㌔はそれまでとは

まるで難易度が変わり
今のところ苦戦しています。

コンテストに出るわけでもないので
正直いつやめてもいいのですが

15㌔と自分の中で決めているので

もうちょっと頑張ろうもうちょっと頑張ろう
でつないでいます。

そういう思いもあるのですが
一方では体脂肪も10%を切り

ある意味ではこれ以上のダイエットは
健康を犯す危険水域の状況でもあると

認識しています
(まったくそんなことはありませんが・・)

ということで
どのタイミングで辞めるつもり

それと一般ダイエットにおいて
どのタイミングで

終了させればちょうどいいのかを
経験からお話します。

筋力の低下

ダイエットが限界かなと思うだろう
ポイントしては『筋力低下』ここを第一優先に考えています。

まだ僕は今のところないのですが
身体も摂取カロリーがあまりにも少ないと

結局のところ
筋肉を分解させ始めます。

そうなってくると
今まで持ち上がっていたものが持ち上がらない
=筋力低下

という簡単な図式がみられます。
ダイエット末期にはよくみられることだそうですが

まだありません。
それはどちらかというと食べているからだと思いますが

もう少しこういう状況から進むと
僕もじゅうぶん考えられます。

なのでそこが僕の人間的限界の減量と捉えているので
そうなったら諦めて終了したいと思っています。

しかし減らさないまでも維持は普通にできているので
まだまだその時期がくる想像はつきません。

むしろちょっと上がっちゃうときもあったりして
不思議な感じです。

健康的な生活として残すもの

この減量生活で
正しい食生活がかなり身につきました。

これはダイエットを終えても
大事な食習慣として残していきたいなと

思っています。

次の目標は高重量

そして次の目標(いつからスタートかはわかりませんが)は
重量を狙い筋力をさらに上げていく予定です。

具体的にはシンプルに
ベンチプレス120㌔』これです

どんなことでも目標設定

話の根っこの部分でもありますが
何をするにも『目標』を設定することが大事です。

目標なくして
次はありません。

ただダイエットはもうちょっと頑張りつつも
次の構想をお話しました。

辞め時もちゃんと考えています。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!