リモート、『最高!』『ずっとだと気が狂いそうになる』あなたはどっち???

このコロナ禍1つの
1つの技術革新として

『リモートワーク』が挙げられます
あの緊急事態宣言の4月に比べると

だいぶ世間に浸透したようにも
思えますが、いまだ過渡期のため

僕の観点から言うと
かなりの健康被害も出ています。

健康面から色々お話ししたいと
思います。

20台女性の患者さんの急増

ここのところ、急に20代女性の患者さんが増えていますが
みな見事に境遇が似ています。

リモート移行

体を動かす頻度激減

背骨の歪み、症状

来院

と言う流れです。
整骨院にくるのが初めて

と言う方も多いのが特徴です。
伺ってみると

姿勢が悪くなっているのが
気になる、そういうふうに言われる方が多いです。

とりあえず3点気をつけてみる

  1. PCの位置をずらす(腕の重みを軽減)
  2. ローテーブルやソファで作業しない
  3. マウスは『トラックボール』を使う

これは皆さんに言っています。
それほどお金がかからず

健康へ近づきます。
4〜5割りくらい軽減させることは可能です。

整骨院を1日に組み込む

お昼に出てこれたり
通勤がない分買い物がてら来たり

かなり来院するのにアレンジが効きます。
皆さんうまく組み込んでいるようです。

個人個人による

リモートは個々の性格による部分もあります。
最高!もう通勤できない!と言っている人が

いる一方で
人に合わないので発狂しそう。

子供がいるのに
できるわけない

など色々な声が聞こえてきます。

使いわけることができれば・・

と言うことなので通勤したい人は
すればいいし、行きたくなければ

在宅で、と選択ができれば1番いいと思うのですが
考えている会社はそう言う方向に進んでいますね。

以上、リモートは絶望的な治療家から
お伝えします。

やってみたいなリモートで
仕事。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!