ダイエット中の忘年会で食べ過ぎない方法


もうすぐクリスマス

当院美容部門スタートしました。女性スタッフが担当いたします(予約不要)


12月のお知らせ
★大みそかまで全爆走診療します全日診療 お正月もやるよ!!★



忘年会シーズン。
ダイエット中の方は最大の難関を迎えていることと思います。

臨時的に食べてしまうことに傾くか初志を貫徹するか
それは自由でありますが

忘年会が終われば
次はお正月。

ダイエットの試練は次から次へと
やってきます。

そこで忘年会、そこそこ参加して
まずダイエットに影響出ない方法をいくつかあげてみます。

これで現状維持で乗り着ればまずまず
そんな風にできればと思い、書いていきます。

お酒を飲まなくなって早1ヶ月。メリットはあるのだろうか?

サボる理由多発のクリスマスから年末年始。来年のスタートダッシュはもう始まっている

前後の食事を加減する

栄養のバランスを度外視し
1日の摂取カロリーを抑えられれば

体重は減ってきます。
(健康的ではありませんが)

なので山ほどスイーツを食べても
それが1日2000キロカロリー未満くらいであれば

ほどほど運動して、仕事してって
感じならば痩せてきます。

しかしそれしか食べられないことと
そんなことをしていればいずれ健康上破綻します。

忘年会の日はその日だけその手法を導入し
あらかじめハイカロリーになりそうな

忘年会を想定して
1日の残りの食事の量を調節し

帳尻を合わせます。
その際の注意点ですが

極端に前後の食事を控えると
忘年会が反動で『爆食い』になる可能性が

あるので
前後の食事は断つのではなく

量を減らして忘年会に臨みましょう。

お酒を控える、または飲まない

まずお酒自体をカロリーの低い『蒸留酒』に変えると
いいと思います(焼酎とかね)

あとお酒はやはり食欲の抑制が
効きづらくなるので大敵ですね。

少量、もしくは飲まない
というのもいいのではないでしょうか?

お酒は『自制心』を破綻させます。
お酒自体はそれほど問題はないんですけどね・・

選んで食べる

飲む量を加減できて
自制が効いていればの話ですが

居酒屋など自分で選べるのであれば
考えて食べるといいと思います。

焼き鳥であれば徹底的に塩で食べるとか
そういう工夫です。枝豆とか野菜とか中心に食べれば

それほど問題にはなりません。
濃厚な炭水化物を目の前にして

あなたにそれができるかどうかはわかりませんが・・

忘年会になるべく行かない

極論ですがいく忘年会を吟味するというのも1つの手。
そう考えると会社関係で忘年会が多発する人は

なかなか今月の減量は困難なことがよくわかります。

一次会で帰る

サクッと参加して帰る
これですね、僕も夜が全然ダメなので

(コンタクトも乾くし)

サクッと帰ります

食べ過ぎたと思ったら翌日以降調節

もし仮に食べ過ぎてしまっても
大丈夫です、翌日以降の調節しましょう

その体重の増加は食べたものと水分なので
一時的なものです、脂肪細胞に変わるわけではありません。

(なら今日のブログは意味がないなー笑)

コースorアラカルト??

最悪なのはコース制
量も食べるものも選ぶことができません。

そのコース制が多少物足りないくらいで
終わるならOKですが

もりもりの量のコース制だと
終了ですね、覚悟しましょう。

こういう習慣はやめたほうがいい

今年は少し顕著ですが
忘年会をそもそもやらないところも

増えています。
若い子の考えなのかなんなのかわかりませんが

僕はいい考えだと思います。
もしやるんだとしたら本当に楽しい忘年会のみに

したいものです。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!