新しい価値観。体力を持て余している中高生はジムに行こう

こんな記事がありました。

中学生男子は、なぜ「強豪校の部活」より「ジム通い」を選んだか その決断に相次いだ共感
http://news.livedoor.com/article/detail/16101929/

その記事の中学生は部活動の体質に
馴染めず

退部。しかし体を動かすのは
好きだったため、両親の勧めもあり

ジムに入会。
息を吹き返す、という記事なのですが

部活動のあり方が
急激に変わりつつある中

こういう選択肢も
面白いなと思いました。

ガンプラ HGUC 1/144 RGM-79 ジム (機動戦士ガンダム) 色分け済みプラモデル


ジムはジムでも

有り余る体力

中学生や高校生時代は本当に
体力を持て余しています。

疲れさえてなんぼ、という感じがありますが
部活だと自分のペースなどはないのでやらされている感が

ありますがジムの場合は自分で自己管理することになります。
それ自体は実はやらされているより難しいことですが

中学生や高校生でもできないことではないです。
死ぬほど身体動かして食べて寝る

10代男子はこれが基本中の基本だと
思います。

ジムはそれができます。
この10代にしっかりできると30年後に大きく差は出ます。

そんなこと言ってもわからないか

僕も高校の頃からやっていました。

考えてみると僕もジムとの付き合いは
16歳頃からあります。

(途中間が空いた時もありましたが)

経験上10代からの
ジムはおすすめです。

エニータイムでは

エニータイムでは高校生無料というサービス
あります。

条件が当てはまれば
通えるといいですね

ジムにはいい人が多い

筋トレは必ずやる必要があるものでは
ありません。

なのでそこであえて体を作ろうとする人は
余裕のある人が多いです。

人生経験も多い人が多いので
若い方などはそこで色々と勉強になることが多いかもしれません。

縦社会で絶対服従、時間拘束の長い部活動より
5000倍くらいいい環境かもしれません

色々な学生時代の過ごし方が
あっていいと思います。

楽しそうだな。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。